ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

北米大陸で最も高い山アラスカ州の「デナリ」。デナリは、先住民族の言葉で、「偉大なもの」。NASA Earth Observatoryかつてマッキンリーと呼ばれた山の標高が変わりました。マッキンリーという山名は、第25代米国大統領ウィリアム・マッキンリーに因んで1896年に名付けられ
『北米最高峰デナリの名称変更に続き、高さも変更』の画像

羊Wikipedia羊は、年に一回毛刈りをします。これが結構大変で、私も北海道では毎年羊の毛刈りを行っていました。一頭丸刈りするのに、かなりの時間を費やすのです。一頭からは、2.5kg、大きなものでは3kg近い羊毛が採れます。初めての人だと一頭で一時間以上かかることも。羊
『ついに出た伝説の羊シュレックを超えた羊クリス』の画像

クマさん。とてもかわいい存在なのに、身体が大きいというだけで怖れられてしまいます。 一昨日、クマのお母さんと二頭の仔グマは、食べるものを探しにやってきました。いい匂いのするゴミ箱を見つけました。そして、開けることのできるゴミ箱の中を漁っていたら、 突然人
『クマの母の目の前で仔グマたちを射殺』の画像

この写真は、インドネシアの西パプアに生息する新種に認定されたザリガニ。生き物には、学術名があります。この新種のザリガニは、米国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンを讃えて、「Cherax snowden」と命名されました。 arstechnica.comペットとして
『新種のザリガニ「スノーデン」』の画像

最近円山動物園でのマレーグマの死が話題になりました。その後も、同動物園では、シマウマやキリンの死が続いています。他の動物園でも、次々と動物たちの死が報道されています。ドイツの デュースブルク動物園では、今週オランウータンが檻から脱走して、射殺。二頭が脱走
『射殺されたオランウータン。続く動物園での死』の画像

当院のぴっぱちゃんは、もうすぐ19歳。18歳までは、高い山にも単独登頂できました。険しい山道も喜んで登っていきます。ホメオパシーで健康管理しています。 TOYOTAのCMを見ると、犬たちを自然の中へ連れて行きたくなります。  仕事が忙しいと、なかなか犬たちを自然の中
『犬と自然の中へ』の画像

これは仔ゾウが池に落ちてしまい、 ゾウたちが皆で力を合わせて助けるシーンです。   こちらは、カヌーに取り残されて、川に流れていく犬たちを、 犬が助けに行くシーン。   こちらは、川を渡る草食動物の子供たちを助けるカバさん   チワワのトリクシーちゃん
『動物の助け合い』の画像

この写真。瀕死の母親ゾウの横にたちすくむ赤ちゃんゾウ。  The David Sheldrick Wildlife Trust  この母親ゾウは、密猟者によって右の前脚を銃撃され、倒れているところを動物保護団体  The David Sheldrick Wildlife Trustとケニア野生公社によって発見されました。
『ある仔象の話』の画像

赤トンボ。 赤トンボは、 アカネ属のトンボの総称で、全国に20種ほどがいます。 赤トンボの代表は、アキアカネです。 梅雨の時期に、羽化してから、標高の高い涼しい場所で夏をすごします。 そして、 秋になると平地に下りてくる習性があります。 そのため、赤ト
『消えゆく赤トンボと農薬基準の大幅緩和』の画像

朝の雨の中、山にお散歩に行ってきました。 歩きはじめると、雨は止み、朝の霧も少しずつ薄れて、目の前の景色が拡がっていきます。突然、雲と霧が突然薄れて、日が射してくれました。 霧の中、稜線をゆっくりとお散歩。とても涼しく快適です。また霧と雲が、消えて、すぅ
『雨の日のお散歩』の画像

↑このページのトップヘ