ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

スギナスギナは、栄養茎はスギナ、胞子茎はツクシです。スギナは生薬やサプリメントとしても利用されています。シダ植物の仲間で、葉と茎が明確に分化していません。 スギナは、地下に四方八方に根茎のネットワークを張り巡らせて採っても採っても、また生えてきます。根茎
『スギナ酒で美肌に?』の画像

心身の周期宇宙には無数の星が存在し、そのすべてに正確な軌道や周期が存在します。各々の周期リズムを持ちながら、すべてが完全に調和しています。 NASA星の面白い周期をもつ例として、ペルセウス座β星のアルゴル星があります。アルゴル星は、食変光星といって、2日と20時
『心身の周期』の画像

この写真は、ツキノワグマのバンドリューくん。5年前に、ヴェトナムの熊胆汁牧場から救出されました。Peter Yuen すでに多くの人がご存じの通り、熊胆汁牧場は、クマにとって生き地獄の場。バンドリューくんも、救出された時には、右腕は切り落とされ、右眼も失い、胆嚢も失
『ツキノワグマとチベット僧の「笑顔」』の画像

納豆とサーフィン世の中には、いろいろなアレルギーがあります。その中で納豆アレルギーの人もいます。納豆アレルギーの人の多くは、サーファーやダイバーなど海の中にいる時間の長い人たちです。納豆と海の意外な関係。横浜市立大病院で、納豆アレルギー患者18人のスポー
『納豆とサーファー』の画像

雪崩は雪山では最も怖い現象の一つとして知られています。巻き込まれたら、命の保証はない。ところが、その雪崩に果敢に飛び込むウサギさんが目撃されました。Youtubeはアップと同時に削除されているので、オリジナルのVimeoをリンクします。画像クリックで再生できます。 V
『「鉄心肝」雪崩に飛び込み走るウサギ』の画像

いま世界的に大雨による大洪水が多発していますが、 ジョージア(旧名:グルジア)の首都トビリシで、 大洪水のために、動物園の動物たちが市内に逃げ出してしまいました。 大雨で河川が氾濫し、民家や建物が次々と損壊し、 川の近くにあった動物園も動物たちの檻が破壊され
『大洪水で動物たちが射殺』の画像

現在ノルウェイではオオカミの数が激減中です。Gunner Ries Amphibol / Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)ノルウェイでは、オオカミは、法的に守られていません。現在署名運動による嘆願書が提出されています。以前はノルウェイには1,000頭ほどのオオカミがいましたが、現在
『激減したノルウェイのオオカミの運命』の画像

もう梅雨の季節になりました。雨が降りそうになると、わかります。 空気、雲の動き、湿度、風の動きそして雨の匂いと動物たちの会話。   驚くかもしれませんが、山では、動物たちは、天気の話もよくするのです。 雨の匂い、霧の匂い
『「一雨潤千山」雨の匂いと五感を失う魔法の箱』の画像

今月12日(一昨日)米国政府は、米国内の研究機関や飼育施設にいるチンパンジーの保護強化策を発表しました。米魚類野生生物局は、飼育中のチンパンジーを野生環境にいる個体と同様に絶滅危惧種に正式分類したのです。体を傷つけたり、痛みや苦しみを伴ったりする医学実験を
『動物実験の後で捨てられた猿たち』の画像

米国で、盲導犬が飼い主を命をかけて助けたお話です。ゴールデンリトリーバーの盲導犬フィーゴちゃん。8歳です。 写真 Middlebranch Veterinaryニューヨーク州のある町で、盲目のオードリー・ストーンさん(62)と彼女を補助する盲導犬フィーゴちゃん(8)が道路を横断してい
『命をかけて飼い主を守った盲導犬』の画像

↑このページのトップヘ