ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

漢洋脚気相撲  日本では、平安時代頃は脚気は上流階級の病気でした。江戸時代になると富裕層の間では、玄米の代わりに精米した白米を食べる習慣が広まりました。お金持ちは、美味しくて、真っ白で綺麗なごはん。  これによって、将軍をはじめ富裕層に脚気患者が多く発生
『漢洋脚気相撲』の画像

金色の鯉は、財運上昇になると言って、縁起のいい鯉とされています。金色の中でも、黄金色に輝く鯉はとても希少なものです。アップで見ると黄金が輝いて見えます。優雅に泳いでいます。とても綺麗です。キラキラしている。皆様の財運アップになりますように。今日もありがと
『黄金色に輝く鯉:皆様の財運が上がりますように。』の画像

米国ニューヨークのJFK国際空港では、 動物専用のラウンジやスイートルーム、プールなどを完備した 動物専門ターミナルを建設中です。 出発ラウンジには空調完備のブースや餌、水も提供され、動物病院も併設して24時間態勢で緊急治療などに対応しています。
『米JFK空港ペット専用ターミナルと最新鋭の旅客機』の画像

目の不自由な猫が、4000km以上の旅?米国西部の都市サンフランシスコで行方不明になった目の不自由な黒猫ジャック・ダニエルズちゃん。4千km以上離れた米国東部の都市ニューヨークの路上で発見され、保護されました。nydailynews.comジャックは幼少の頃にウイルス感染症によ
『善意の連鎖:目の不自由な猫ちゃん米国横断の旅』の画像

イングランド東部にあるリンカンシャーの牧場付近で、バードウォッチングをしていたイアン・エリスさんは、牛の集団が何かを取り囲んでいるのが見えました。牛たちは好奇心が旺盛なのです。イアンさんが双眼鏡でよく見てみると、牛たちが取り囲んでいたのは、鳥ではなく、泥
『牧場で発見されたアザラシの赤ちゃん』の画像

スイスもこの夏は熱波とても暑い。allaboutgeneva.com天気予報図も真っ赤。allaboutgeneva.comallaboutgeneva.comそんな熱波で、高地では4~5週間もまとまった雨が降らず、水不足となり、20,000頭もの牛たちの飲み水が不足してしまいました。牛さんは、一日に80~100リットル
『世界の軍事費と平和利用:スイス軍が牛のために出動』の画像

米国コロラド州に、食用のために頭部を切断された後で、18ヶ月間も生き続けた強い雄鶏「マイク」がいました。 マイクは、生後5ヶ月齢の1945年9月10日に夕食用にされるため、農家で首を切断されました。ところが、通常だと、首を切断された鶏は、その場で絶命するはずなので
『生命力:頭の無い鶏』の画像

この写真、米国ジョージア州の殺処分施設での写真です。犬たちは、殺処分の予定が差し迫ったカーラとケイラ。貰い手の誰もいない犬たちです。カーラが、しっかりとケイラを抱きしめています。Angels Among Us Pet Rescue  この写真は、アメリカの動物保護団体「Angels Amon
『ハグの力:カーラとケイラ』の画像

以前当ブログで動物たちの涙について書きました。その中で紹介したゾウ「ラジュー」の話です。ゾウのラジューは、幼少の頃に母親から誘拐され、売られた後、少なくとも27回売られ続け、新しい飼い主になるたびに虐待でのしつけを強要され、約50年に渡って虐待を受け続けてき
『自由:ネルソン・マンデラ氏とゾウの涙』の画像

ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)。ARKive北極海に生息しています。他のクジラが採餌や繁殖のために移動を行うのと異なり、ホッキョククジラは一生を北極海で過ごしますが、最近海流や海水温の変動の影響か、稀に生息域以外の場所でも見られるようになりました。全長
『シッダ医学とクジラの長寿』の画像

↑このページのトップヘ