ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

今日は、イラクに滞在していたある米国海兵隊員と一匹の野良犬の話です。 基本的に軍隊では、軍用犬以外の犬の同伴は認められていません。 でも、 現地で出会う野良犬たちと兵士との友情の話はたくさんあります。 戦地のような異常な精神状態におかれる環境下では、 犬は、
『分かち合いと求め合い:イラクの野犬ナブスの話』の画像

先日ご紹介した「カンガルーのロジャーくん」の続報です。まずは前回のおさらいから。オーストラリアのほぼ真ん中、アリススプリングにいるアカカンガルーのロジャーくん。9歳。この体格です。KangarooSanctuary AliceSpringsブリキのバケツもぐちゃっと潰してしまいます。体
『カンガルーとうさぎのぬいぐるみ』の画像

同窓会に出ると、相変わらず若々しい人、すっかり老けた人など、さまざまです。でも、皆さん同い年。これを科学的に証明した論文が発表されました。科学誌「PNAS」(Proceedings of the National Academy of Sciences)に発表された論文。「若い成人における生物学的年齢の数
『若返る人たちと先住民の智恵』の画像

ガザ地区 Wikipedia イスラエルとエジプトの国境、地中海に囲まれた狭い地域です。この約360平方kmの地域に150万人の第一次中東戦争で生じたパレスチナ人難民とその子孫が居住しています。パレスチナ人居住区域は2つ。ガザ地区(かつてのエジプト領)とヨルダン川西岸地区(
『ガザ地区の空爆の陰で』の画像

オーストラリアの港でヴェトナムに向けて出荷準備中の雄牛さんが脱走しました。海へ飛び込み、Facebook/Litchfield Council麻酔銃で撃たれながらも懸命に逃げ、Facebook/Litchfield Council最後には、漁師さんに漁業網で捕まってしまいました。食肉として、殺されてしまいま
『自由のための脱走』の画像

カナダのブリティッシュコロンビアで、ツキノワグマの母クマを射殺した後で、仔グマたち(オスとメス)を殺すよう命じられた保護官ブライス・カサバンさんが、「仔グマたちに罪は無い」として射殺を拒否。停職処分となりました。NorthIslandWildlifeAwarenessカサバンさんは
『仔グマたちを助けた保護官が停職処分』の画像

ルワンダでは、1994年に起きた国内の内戦と国民の大量虐殺の際に、ライオンもルワンダから姿を消してしまいました。つまりライオンの生息地ルワンダには、この20年以上、一頭もライオンが存在していなかったのです。今回、約20年前に姿を消したライオンの再導入が行われるこ
『ルワンダに再びライオンを導入』の画像

なんだろうこの可愛さは。二本足で立つ猫ジョージちゃんが話題です。officialgeorge2legs.comofficialgeorge2legs.comofficialgeorge2legs.comofficialgeorge2legs.comofficialgeorge2legs.comofficialgeorge2legs.com 動画  なんとTシャツまで販売。 officialgeorge2leg
『二本足で立つ動物たち』の画像

爆発的噴火によって全島に避難指示が出ている口永良部島(鹿児島県屋久島町)。住民たちは、全員島の外へ避難していますが、避難当初は、動物たちはそのまま放置のようです。島の住民の方々にとっては、心痛いことでしょう。出展:YomiuriOnline先月、ある畜産業を営む父と漁
『口永良部島の動物たち』の画像

様々な苦しい経験の末、檻のない施設で自由に生きることを許された象シャーリー。22年前にサーカスで共に過ごした象ジェニーと再会するお話です。写真はシャーリーTheElephantSanctuaryこちらは、ジェニーTheElephantSanctuaryシャーリーは、スマトラの大自然の中で生まれ、
『愛と信頼:ゾウたちの22年ぶりの感動の再会』の画像

↑このページのトップヘ