ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

このブログではよく出てくるコアラの話。昨日はアカゲザルの母子のお話でしたが、今日はコアラの母子のお話です。今日はオーストラリアのクイーンズランド州クーミンヤでコアラのお母さんが車に引かれてしまいました。クーミンヤは、ブリスベンの西、地図上だとだいたいこの
『コアラの母子』の画像

先日カラスの恩返しの話を書きました。カラスは治療後もその恩を忘れません。今回はスズメの小話です。今月衰弱して緊急収容されたスズメさんです。これは元気になってからの写真です。このスズメは幼鳥です。幼鳥のうちは、白い頬の部分にある耳羽の黒色が薄いので、多少体
『すずめの恩返し』の画像

ニューヨークのクイーンズ動物園でプーズーの赤ちゃんが生まれました。5月12日生まれ。ちょうど一ヶ月になります。プーズーは世界一小さな鹿さん。出生時の身長は15cm、体重は約500g。オスの赤ちゃんなので、大きくなるとちょこんと小さな角が生えてきます。かわいい。queens
『プーズーの赤ちゃん』の画像

生まれた月が病気と関係するのでしょうか?昔から言われる疑問を確認した研究があります。コロンビア大学の研究チームが1700万人のニューヨークに住む人を対象に誕生日と1688の疾患との関連性を調べた結果が公表されました。 その結果、55の疾患が、誕生日と関連性が高いこ
『誕生日と病気の傾向』の画像

アカゲザルヒンズー教では神聖な動物とされています。Wikimedia Commons次の写真はタイで撮影されたアカゲザルの母子の写真です。お母さんは、心無い密猟者によって殺されました。アカゲザルは希少種ですが、肉が高値で売れるのです。そして子ザルは肉が少ないので、生きたま
『アカゲザルのお母さん』の画像

これはハクサンイチゲ。漢字では、白山一花、または白山一華と書きます。キンポウゲ科イチリンソウ属の花です。標高2700m地点の岩の隙間から逞しく生えて、花を咲かせています。 白くて可憐な花です。実は、白い花びらに見えるのは、萼片です。このあたりは、風もとても強く
『高山植物に学ぶ強さ:疾風に勁草を知る』の画像

このブログでは動物たち植物たちの話が多く出てきます。人が覚醒するためには、いくつかの心得るべきことがありますが、今日はその中の一つ動植物すべてに対する慈悲の心について。これはとても繊細な霊的感覚を育む上でとても大切な要素になります。 19世紀にヴァララーと
『覚醒のためのステップ:生き物への慈悲』の画像

ツユクサツユクサのツユは、「梅雨」ではなく、朝露の「露」です。ツユクサの花は、早朝に咲き始めて、お昼過ぎにはしぼんでしまう「一日花」です。それが露を連想させるのかもしれません。花びらが一見2枚に見えるのですが、3枚あります。3枚の花びらのうち、青い2枚が大き
『ツユクサの生命力』の画像

6歳のゾウ「ファーマイ」ちゃんは、子守唄を聴きながら眠りにつきます。子守唄は、この世界と夢の世界を繋ぐ架け橋。子守唄の波動には、身体と心をリラックスさせる作用があります。   生活の中に自分に合った音楽を取り入れることは、心身によい影響を与えます。今日もあ
『ゾウの子守唄』の画像

ニュージーランド北島の北西の沖だけに棲息するセッパリイルカの仲間であるマウイイルカは、地球上にあと47頭以下しかいなくなりました。絶滅まで秒読み段階になりました。Wikipediaマウイイルカは、世界中の海洋哺乳類の中で、最も絶滅の危機にさらされているイルカです。マ
『あと地球に47頭』の画像

↑このページのトップヘ