ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

ある日、青年ケビン・ハインズさんが、精神的に苦しみ、双極性障害となり、ゴールデンゲートブリッジから飛び降り自殺を試みました。そして飛び込んだ海の中でもがきやはり生きたいと思った矢先に、ある動物が近づいてきたのです。その時に、彼は、近づいてくるその動物がサ
『アシカに命も心も救われた青年』の画像

山に入ると、木の枝にトトロ昆布のようなものがよくぶら下がっています。サルオガセ科サルオガセ属の地衣類「サルオガセ」です。漢字で書くと「猿尾枷」。針葉樹の枝にくっついたり、垂れ下がっているので、一見ヤドリギのように寄生植物のようにも見えます。でも、木に寄り
『サルオガセ 仙人のような植物』の画像

春から初夏にかけて、綺麗なもじゃもじゃの白い花を木全体に咲かせるヒトツバタゴ。 別名は。ナンジャモンジャノキ。 この植物は、希少種として、 環境省レッドリストの絶滅危惧II類(VU)に指定されています。 元もとの自生地は、限られていたのですが、 いまでは、全国あ
『ヒトツバタゴ:歴史を語る植物たち』の画像

味覚は、動物によって大きく異なります。生理学的に分類すると、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本となります。基本味以外の、辛味物質などの化学的刺激や、温度(熱さ・暖かさ・冷たさ)、触感などの物理的刺激は、味覚受容体を介することなく直接神経から脳に伝達
『それぞれの味覚』の画像

世界的に蜂が減少する中でまだ都会にも蜂たちが頑張って生息しています。ノルウェーの首都オスロで、生息数が減少していく都会の蜂たちを守るために、屋上庭園やバルコニーなどの花々が植えられる場所に、蜂たちが、安心して休憩できる場所を都会の各所に確保配置する「ビー
『都会のハチを守る「ビー・ハイウェイ蜂の道」』の画像

尊厳死と安楽死昨年アメリカで 末期の脳腫瘍と診断された29歳のブリタニー・メイナードさんが、尊厳死が合法化されているオレゴン州に移住。11月1日に薬を飲んで亡くなった件が世界中で報道されました。この死については、メディアによって、「尊厳死」と「安楽死」が混同さ
『尊厳死と安楽死』の画像

衝撃的な動画がネットに公開されました。(閲覧注意動画と画像が含まれます。)Wikipedia超高級バッグの製作シーンです。バ―〇ン、ケリ〇といった高価なバッグは日本でも流行しています。動物愛護団体PETAの潜入捜査によるものです。画像クリックで再生画面へ。動画「獣のお
『超高級バッグの作り方から(閲覧注意)』の画像

米ロサンゼルスの動物愛護団体spcaLA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals Los Angeles)が、今年、第33回「年間全米英雄犬賞」を発表しました。今回のヒーロー犬は、猫のタラちゃん。AP/MailOnline犬に襲われた子供を救った7歳の雌猫「タラ」に賞を授与する
『枠を外すこと:英雄犬賞を獲得した猫』の画像

これはペルーのアマゾンの森林の写真です。右半分は、熱帯雨林。左半分は、パームヤシ畑。MONGABAY.comアマゾンの貴重な原生林が、急速なスピードで消えていきます。パーム油の畑です。上空から見るとこんな感じ。この一画だけ生物多様性が完全に破壊されています。courtesy
『パーム油畑がアマゾンに拡大中』の画像

2014年度に「殺処分ゼロ」を達成した神奈川県。(市独自で運営管理する横浜、川崎、横須賀の動物保護センターを除きます)今度は、殺処分室も動物焼却炉もない新しい動物保護センターの建設が始まります。2019年には、新しい飼い主に譲渡する拠点となることを目標にしている
『犬猫殺処分室の無い保護センター新設』の画像

↑このページのトップヘ