ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

南アフリカで、前方の大きな角を無残に切り取られ、瀕死の状態のメスのサイが発見されました。後方の角は、サイが暴れたためか、切り取られずに残されていました。左前脚も銃撃されていました。このサイは、ズールー族の言葉で希望を意味する「イテンバ」と名付けられました
『ゾウの皮膚で覆われたサイと「希望」』の画像

世界自然保護基金(WWF)は、海洋生物の生息数が、1970年から2012年までの約40年間に49%減少したとの報告書を公表しました。報告書は、「リビング・ブルー・プラネット・レポート(Living Blue Planet Report)」WWF今回の大規模調査では、魚類の他にも、海洋哺乳類、
『たったの40年で海洋生物が半減』の画像

グーグルストリートビューでケニヤのサンブル国立保護区などの大自然の様子を閲覧できるようになりました。Facebookゾウさんの孤児院もFacebook野生のゾウたちもFacebookのびのびとしていますね。BBCヒョウもいます。BBC孤児院の中では、仔ゾウたちが楽しそうに泥水の中で集
『Googleストリートビューで見るゾウさんたち』の画像

ドッグレース。ドッグレースの多くは、基本的には、最速の犬種とされるグレイハウンドを使ったギャンブルです。Pixabay1周400mのトラックコースに、兎に人形を犬が追いかける形で、グレイハウンドを走らせます。最高時速は、72km。競馬と同様に、犬券を買います。もともとグ
『テキサスでグレイハウンドドッグレースを中止』の画像

こちらはジンベイザメ。とても美しいサメです。MailOnline/Shawn Heinrichs優雅に泳いでいます。このサメに出会った人は、皆感動するそうです。出会っただけで、至福を味わえるなんて、素敵です。MailOnline/Shawn Heinrichs次の写真は、フカヒレスープのためにヒレを切り取
『拡がるフカヒレ禁止』の画像

以前当ブログで、地球上最後の一頭となったキタシロサイのオス「スーダン」の話をしました。「地上最後のオス」このサイは、24時間年中無休で武装した保護官たちによって、完全警護されています。OL PEJETA CONSERVANCYこの地球上に最後のオスのキタシロサイです。OL PEJETA
『地球上最後のオスのキタシロサイの力強いお友達』の画像

写真家ポール・ニックレンPole Nicklenさん。美しい北極圏の動物たちを撮る写真家です。PoleNicklen/.nationalgeographic.com PoleNicklen/blackroomsociety.comPoleNicklen/blackroomsociety.comPoleNicklen/Youtube北極圏は、とても繊細で豊かな生態系を持っています。そ
『北極圏での石油掘削の脅威』の画像

ナマケグマ。 マサチューセッツ州の南東部アトルボロにあるキャップロン・パーク動物園に、とても仲の良いナマケグマのオスとメスがいました。一頭のナマケグマが重度の肝不全により安楽死になりました。すると、相棒のクマも悲しみから回復せずに、後を追うように持病が急
『二頭のナマケグマ』の画像

タツノオトシゴタツノオトシゴは、不思議な形をした海水魚です。熱帯から温帯にかけての浅い海に生息しています。 Wikipediaタツノオトシゴは、そのユニークな形や生態で注目を集めています。オスのお腹にはカンガルーのように育児嚢と呼ばれる袋があり、メスは、オスの育児
『タツノオトシゴ:静かな絶滅の危機』の画像

拙著「君が代」ヒカルランド刊お陰様で、重版をかさねています。今日は、「君が代」からの一部抜粋です。この章は、お気に入りの瞑想場所に籠っている時に書いたもの。とても標高の高いところです。気温は低いですが寒さを感じることはなく、しかも誰も来ない場所なので本を
『「君が代」より抜粋 7』の画像

↑このページのトップヘ