ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

いまだにオオカミは怖いとかクマは怖いとかサメは怖いとか人は自分よりも強い生き物を理由なく怖れてしまいます。サメは獰猛と勘違いされていますが、サメが人を咬む件数とは比べ物にならないくらい人がサメを殺しています。オオカミは山にいると怖いという人間の勝手な妄想
『オオカミに対する誤解』の画像

南極最近は観測技術が進歩してさまざまな異変までわかるようになり始めています。このブログでもよく登場する大陸です。ひかたま:氷河の後退と消失:南極編ひかたま:ポリニア:南極の海に巨大な穴ひかたま:変化する南極:英国の南極基地一時閉鎖ひかたま:たった2羽の生き
『美しい南極』の画像

ホラアナライオン。約70万- 約50万年前に生息していた大型のネコ科の動物です。現在生息するライオンよりも大型です。2015年10月、ロシア連邦のシベリアの永久凍土から冷凍状態のホラアナライオンの双子の赤ちゃんが発見されました。そしてまたホラアナライオンの仔が新たに
『5万年前のホラアナライオン復活の試み』の画像

米国食品医薬品局(FDA)は、錠剤に小さなセンサーを埋め込んだ「デジタル錠剤」を世界で初めて承認しました。ft.com承認されたデジタル医薬品は統合失調症などの抗精神病薬エビリファイ(製剤名:アリピプラゾール:大塚製薬)に約3mmの超小型センサーを含んだ錠剤そして貼
『世界初のデジタル医薬品』の画像

ツキノワグマの「ニャン・フトゥー(Nyan htoo)」ちゃん。ミャンマー語で「聡明」という意味。生後18カ月齢です。兄弟と共に密売業者から保護されました。このクマたちは、違法に中国の胆汁牧場に売られる予定になっていました。胆汁牧場はクマにとって生き地獄となる場所で
『西郷隆盛と巨大舌のクマさん』の画像

サウジアラビアの砂漠地帯に、古代に造られた石の構造物およそ400個が発見されました。これはオーストラリア人の研究者が米グーグルの衛星写真を利用したサービス「グーグルアース」を利用して確認したもの。これらの構造物は門が地面に横たわったように見える長方形が多
『サウジアラビアの砂漠に400もの謎の構造物』の画像

チェコのビール醸造所では、ザリガニさんが働いています。ザリガニさんにビールを飲ませるのではないようです。youtubeこれは人ではわからない水のわずかな汚染を発見するためです。youtubeビールの醸造に使う水を使ってザリガニを飼っています。youtubeザリガニたちがいる水
『ビール工場で活躍するザリガニ』の画像

山は雪でもう冬の景色になり麓も標高の高い所では紅葉が終わりかけています。真っ赤に色づいた葉がどんどん落ちていきます。次第に葉っぱの無い木が増えてきました。落葉する前には、葉もすっかり乾燥します。秋の終わり夕日に照らされるとまだ真っ赤っかです。こちらもひか
『晩秋の紅葉』の画像

シリアのアサド政権軍は、過激派組織イスラム国の最後の拠点の町アブカマルをついに奪還したことを発表しました。イスラム国は、これでシリアとイラクの都市部の支配地域を全て失い、生き残ったイスラム国兵士たちはイラク国境の砂漠地帯やソマリアなどに逃げたようです。す
『シリアの子供たち』の画像

きれいねっとさんから来週先行発売予定の「君が代から神が代へ」では、古代から伝わる「死」についての考え方も書いています。それは現代の「死」の概念とは異なるものです。さらにバルドについても言及しています。死から中間世に行くときのお話になります。中間世を少し覚
『バルド「君が代から神が代へ」から』の画像

↑このページのトップヘ