ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

更新情報

古典的な質問です。スズメが電線に20羽いました。猟師が鉄砲で1羽撃ち落としました。さて電線には残り何羽のスズメが残ったでしょう?答えはゼロ羽です。当たり前の答えですが算数が得意な人は20-1=19羽と理論的に答えてしまうかもしれませんね。私は朝起きて最初に聴く音は
『スズメが電線に上手く止まることができる理由』の画像

加齢黄斑変性加齢に伴って眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患です。というと、「自分には関係ないな。」という人がほとんどだと思いますが実はスマホやコンピューターなどから発しているブルーライトによって将来加齢黄斑変性が急増する可能性も示唆されているのです。
『目に良い食事療法:加齢黄斑変性を予防』の画像

トウモロコシのヒゲ英語では「コーンシルク」(トウモロコシの絹糸)と呼ばれています。トウモロコシを買うとたいていは捨ててしまう部分です。このヒゲは「めしべ」です。おしべが放出した花粉が風に舞ってめしべの絹糸に付着して受粉すると、絹糸の中で花粉管が伸びていき
『捨てない食材:トウモロコシのヒゲの効能』の画像

「霧の中のゴリラ」Gorillas in the Mist「霧の中のゴリラ」はゴリラに生涯をささげた動物学者ダイアン・フォッシーが書いた手記です。「愛は霧のかなたに」という邦題で映画化されました。ダイアンは、1960年代~1980年代アフリカ・ルワンダの森林に住んでいました。ダイア
『霧の中へ消えたポピー:「霧のなかのゴリラ」最後の1頭』の画像

英国のサフォーク州総人口は、およそ74万人ほぼ東京都の足立区と変わらない人口です。面積は 3,801  km²足立区は、53 km²なので、足立区の70倍以上の広大な土地。サフォーク州の海岸部は、英国では傑出した自然美地域として指定されている風光明媚な場所です。この美しい
『世界中に蔓延する化学的精製物質』の画像

理由を知らなければなぜそんなことをするの?って思ってしまうような行いはたくさんあります。現在フランスのある地方の農家の人たちが自分の所有する畑にパンツを埋めています。フランスのマルヌ県の北東部では農業会議所の指示によって自分のパンツを畑に埋める活動が実施
『畑にパンツを埋める農家の人たち』の画像

オリーブオイル良質のものはとても香り高く、愛好家に好まれます。でも香り高いオリーブオイルを生産するために多くの美しい声を出す小鳥たちが殺されていることはほとんど誰も知りません。世界で一番オリーブオイルを生産しているのはスペインです。権威あるワールドべスト
『オリーブオイルの香りを高めるために小鳥たちが殺されている』の画像

真の治療の目的病気になると治療します。そして治癒。  「真の治癒」とは、一体どういうものでしょうか。   一般医学における治療の目標は、身体的な病気を治すことと死を回避することにあります。主に物質的な面が主体になっています。一方で、ホメオパシーをはじめと
『真の治癒とは』の画像

ボーダーコリーボーダー・コリーは頭がよく、訓練性能がとても優れているために牧羊犬として欧米を中心に世界中の牧場で人気となりました。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学心理学部の教授の研究では犬の知能ランキング世界一は断トツの成績でボーダーコリーでした。
『ボーダーコリーのセロイドリポフスチン沈着症(CL症)』の画像

昔オイルショックの時にティッシュペーパーとトイレットペーパーが消えるという噂が広がり、日本ではちょっとしたパニック状態になりました。そして今、ティッシュ不足再来です。街頭で無料で配っても多くの人は受け取らないほど当たり前に溢れているティッシュペーパー。日
『ティッシュパーパーの品薄』の画像

↑このページのトップヘ