ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2015年01月

種の保存と絶滅の話地球上に生き残ったキタシロサイは現在たったの5頭。Daily Nation誌生き残った最後の5頭も、もう高齢などで繁殖交配は不可能な状態です。ここまで激減した理由は、キタシロサイの角がゴールドやコカインよりも高額で取引されるから。自然に任せれば、もう
『種の絶滅』の画像

シャーマン 3 「手」術近年になり、未開の地にもキリスト宣教師たちや入植者たちが入り、キリスト教の教えと共に物質主義優先の西洋文化が流入し多くの部族では若い世代の洗脳が起こりました。その際に宣教師は、シャーマンを布教の邪魔者、反キリストと見なすことが多か
『シャーマン 3 「手」術』の画像

今日は猫の肥満 その2猫の肥満と病気の話の続きです。寿命犬で示したように食事制限が寿命を長くするという研究は、犬や猿をはじめ、いくつもの動物種で報告されています(McCay et al.1935、Kealy et al.1992, 1997, 2000 2002. Larson et al. 2003、Lawler et al.2005)
『猫の肥満 PART2』の画像

前回は、犬の肥満で肥満について書きました。http://shindenforest.blog.jp/archives/20938926.html今日は猫の肥満についてです。 最近は猫でも肥満が増えています。ネコ科の動物は、そもそもスリムなはず。 でないと、狩りは出来ません。うわぁ、これは無理。猫では、理想
『猫の肥満 1』の画像

今週からX線検査室にCRに続いてDRを導入しました。 DRは、X線装置にデジタル画像処理コンピューターを直接組み合わせた装置です。現像やCRのような画像スキャン処理がいらないため、撮影と同時に各診察室での画像が閲覧・解析できます。X線量の被ばく低減と診断しやすい高
『新しいX線DRシステムの導入と透視する人々』の画像

今日はシャーマンの続きです。世界中を回って新しい生薬を探し回る生薬ハンターや民俗学者の話によると、シャーマンも高齢化が進み、若い世代のシャーマンは減っているようです。世界で三番目に高い山カンチェンジュンガ峰その山麓シッキムにレプチャ族が暮らしています。 
『シャーマン その2』の画像

統合医療をしていると、薬草の勉強をすることがとても多く、様々なシャーマンの話も出てきます。シャーマンとは一般にはあまり聞かない言葉だと思います。語源は、シベリアの人々の言葉に由来します。 「自分自身を肉体から解放し、天上や地下の世界へ 行くことが出来る」人
『シャーマン 1』の画像

犬の肥満   最近増えた「デブ」な動物たち。   今日は犬の肥満のお話です。   肥満は、体に脂肪が過剰についた状態です。 それによって様々な身体機能に変化が出て、病的な状態を引き起こします。 WHOでは人の肥満を「健康に有害な結果をもたらす過剰な脂肪」と定
『犬の肥満』の画像

野生の生薬の乱獲 植物編   植物でも需要が急増している種、特に麻黄や甘草のように需要が大きく野生種に頼っている生薬は、大きな問題となっています。  オタネニンジン(高麗人参)のように、かつての貴重品が栽培に成功し、量産できるようになった例や積極的に人工
『野生の生薬の乱獲 植物編』の画像

科学で解明しつつある古代の智恵統合医療系の学会に参加すると、たまに突飛なことを言う先生方がおります。外科系の学会とはかなりの違いです。    先日米国の学会でインド人が、 「世界最初の飛行機は、7000年前に古代ヒンドゥー教の賢人によって作られた」 と発言し
『科学で解明しつつある古代の智恵』の画像

野生の生薬の乱獲 動物編現代では薬効の優れた動植物の野生種は、需要が増えれば乱獲される危険性があります。 野生動物の乱獲で現在最も問題となっているものに、サイやトラなど貴重な絶滅が危惧されている大型哺乳類の密猟があります。 これらは主に中医薬や漢方薬
『野生の生薬の乱獲 動物編』の画像

先日異常気象で犠牲になる動物たちで載ったコアラの報道写真が世界中で話題になりオーストラリアの山火事で火傷したコアラたちに世界中から手袋(ミトン)の差し入れがあったそうです。その数、数千着。 さらに母親が山火事で亡くなったカンガルーやポッサムをはじめとする
『火傷したコアラのその後』の画像

↑このページのトップヘ