ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2016年01月

今日は 「死」の真相 1の続きです。 前回は、私たちの肉体は常に微細な「死」と「誕生」の上で成り立っていることを書きました。 では、意識はどうなのでしょうか? まず、この章を読み始める前に、前提として、意識は肉体から発生するものではないこと、
『死の真相 2/5』の画像

今日のテーマは「死」の真相 です。1月は超多忙のため何回かに分けて書いていきます。表題に1/5としましたが、5回になるのか3回なのか10回なのかまだ決めていません。普段から、多くの死と向き合っているので、時間があれば、何回でも書けそうなテーマです。特殊な記憶を持
『「死」の真相 1/5』の画像

以前当ブログで頭部を切断されたまま長生きした鶏マイクの話を書きました。こんどは、お魚です。タイで「I-Half」(私は半分)と呼ばれたお魚です。ゴールデン・ベリー・バーブという鯉に似た種です。I-Halfは、コンクリートで固められた養殖池にいました。ある時、池から飛
『身体を半分失いながら長生きした魚』の画像

米国ミネソタ州の非営利動物保護団体「ホーム・フォー・ライフ」。ここでは、さまざまな身体的障害のある動物や治療が必要な動物たちを保護しています。もう雪の季節です。imgur.comフロスティは、若い頃に車に轢かれ、半身不随になりました。安楽死が提案されましたが、まだ
『雪の動物保護施設「ホーム・フォー・ライフ」』の画像

フォクシーちゃん。チンパンジーです。 フォクシーは、32年間実験用チンパンジーとして繁殖のために使われてきました。 1976年に生まれてからずっと 人の肝炎ワクチン開発の実験のために 一人ぼっちの狭い場所に閉じ込められてきました。 その間ずっと、フォクシーは強制
『心の光と崇高な目的:チンパンジーとトロール人形』の画像

犬のお散歩。 歩いていると、だんだんお腹周りに落ち葉がくっついてきます。次第に落ち葉だらけになり、気になって歩かないことも。しかも、お散歩後に落ち葉をとる作業がかなり大変です。 こんな犬のためにパンツがありました。sobadsogood.com結構いいかも。sobadsogood.
『犬のパンツ』の画像

ザトウクジラ。体長は、11 - 20m、体重30~40トン。集団で群れを作って生活しています。夏は極に近い海域にいて、冬になるとは海水温の暖かい海域に移動してきます。そこで出産と子育てを行いまた春になると、極の方の涼しい海域に移動していきます。ルートによりますが、数
『ザトウクジラに異変』の画像

Zolushkaこれはロシア語で「シンデレラ」という意味。2012年の冬にロシアの猟師が森の中で、凍傷にかかり衰弱したシベリアトラの子供を見つけました。あたりに母親はいないために、飢え死にする直前でした。猟師たちの発見によってすぐに保護されました。このトラの子供は、
『シンデレラの双子』の画像

東京湾アクアラインにある海ホタル。日本では唯一の海上パーキングエリアです。ここに大きなモニュメントがあります。これは、カッターフェイスといい、フナクイムシと関係しています。フナクイムシ(船喰虫)。フナクイムシ科に属する二枚貝です。Wikipedia二枚貝ですが、水
『フナクイムシとカッターフェイス』の画像

ロシア南部のロストフ州で一匹の野良犬が車に轢かれてしまいました。轢かれた後で、路肩に放置された犬は、死を待つのみとなりました。そこにたまたま通りかかった二人の通行人によって救助され、動物病院に運ばれました。犬は、重症を負い、後肢が二本とも骨折していました
『会いたい!300km旅して恩人に会いに戻った犬』の画像

米国のの映像作家ルイ・シュワルツバーグ氏が制作した映像 「幸福のありか——自然と美と感謝と」まずは美しい映像をご覧ください。TED シュワルツバーグ氏は、微速度撮影や超高速度撮影などの技術を駆使して肉眼では認識できない映像から心を動かします。ここでは、最後の
『毎日を最高の日とするために』の画像

新年明けましておめでとうございます。   皆様のおかげで今年も無事に穏やかに新しい年を迎えることができました。 昨年から思いつきで始めたブログ、 なかなか忙しくてゆっくり書く時間がとれないものの、 夜中の時
『2016年:明けましておめでとうございます。』の画像

↑このページのトップヘ