ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2016年05月

ナマケモノ。動きがとても遅くて、基礎代謝量が非常に低く、一日にたった8gの植物で生きていけます。こちらはナマケモノ保護施設「スロース・インスチチュート・コスタリカ」からの写真です。ナマケモノの赤ちゃんはとにかく可愛い。.mymodernmet.com.mymodernmet.com.mymode
『ナマケモノ保護施設の天国と地獄』の画像

お休みの日に山の天気が下り坂だったため久しぶりの上高地へ行ってきました。上高地へ来るのは40年ぶり。歩道が整備されています。川沿いをゆっくりと歩くのですが、水がとても綺麗です。大正池。40年前に見た時とはかなり違います。立ち枯れした木がかなり少なくなっていま
『上高地』の画像

若いときは、さまざまな言語を読むことが出来ました。今は、もう覚えていません。使わないと忘れてしまうのですね。でも学術論文を読むことが多いためまだ速読は少しできます。それで休憩時間や夜間の入院見回りの時間に速読した世界のニュースからいくつかをツイッターでご
『ツイッター』の画像

米国シンシナティ。シンシナティ警察のジェームス・ギブンズ巡査は、いつもの通り巡回パトロールをしていました。川の近くの駐車場にパトカーを停めると一羽のガチョウがやってきました。野生のガチョウは普通は人や車には近づきません。Wikipediaガチョウはギブンズ巡査に何
『警察官に救助を求めたガチョウ』の画像

長野県の梓川のほとりを歩いてきました。この川は、源流を北アルプス槍ヶ岳に発し、とても美しく清らかな水が特徴です。この川のほとりには、古来から百木の長であり、「木王」とも呼ばれる「梓」が多く生育していたことから川の名前が梓川になりました。水の中を素足で歩い
『梓川のイワナが作る芸術』の画像

遊びのために殺されたジンバブエのスター・ライオン「セシル」今月セシルの血を受け継ぐ8頭の孫たちがワンゲ国立公園で映像に映し出されました。すごく可愛い。Youtube動画をご覧ください。超かわいい孫たちです。  この子たちが無事に生きていけるかどうかは私たちの行動
『超可愛いセシルの孫たち』の画像

日本の伝統的な調味料といえば、醤油、味噌、塩、みりん、日本酒・・などたくさんあります。その中でもお醤油は結構使われる調味料です。有機生活ところが、醤油とは別に一見すると醤油そっくりの「新式醸造醤油」つまり醤油風調味料というものも存在しています。いまだに醸
『醤油風調味料』の画像

先日パナマ文書の衝撃について書きました。「ひかたま: パナマ文書と資本主義経済の歪」今日はやはり世界を揺るがす新パマナ病についてのお話です。いまや身近な果物の代名詞とも言うべき「バナナ」。そのバナナが、新パマナ病でたいへんなことになっているのです。バナナ
『新パナマ病』の画像

アダックス(Addax nasomaculatus) キタアフリカのサハラ地方、 砂丘や砂漠に生息しています。 水を飲まなくても 一ヶ月以上平気です。 かつては 1,000頭以上の大規模な群れを形成していました。 でも 動きがとても遅いため、 次々と人によって殺されてしまいました。
『最後のアダックスたち』の画像

野生動物の保護。米国イエローストーン国立公園で、バイソンの赤ちゃんが、「寒そう」に見えたという理由で観光客親子が車に乗せて「保護」してしまいました。その場に居合わせた別の人たちが止めるように忠告したそうですが、それを無視して公園の警備隊事務所までバイソン
『バイソンの赤ちゃんを保護して安楽死処分』の画像

ヒョウ。weknowyourdreamz.comアフリカ大陸からアラビア半島、ユーラシア大陸の東の端にまで生息域はとても広く分布していました。ところが、現在ヒョウの生息域の75%はすでに失われてしまったことが判明しました。ヒョウの生息地を急速に奪ったのは、長い歴史の中でまだたっ
『先住民とヒョウの分布』の画像

マムシグサが咲いています。 マムシが頭を持ち上げたような形をしています。この模様から、マムシグサの名前が付けられています。朝見た時はたったの数本だったのに、竹の子のようなすごいスピードで成長します。上から見ると、蓋があります。蓋をめくってみると、中が見え
『性転換する植物:マムシグサ』の画像

↑このページのトップヘ