ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2016年06月

かたつむり。でんでんむしです。虫ではないのに、虫という名だったり漢字で書くと蝸牛(かぎゅう)と牛がつきます。どちらも二本のつのに由来する愛称です。Wikipedia昔はよく梅雨の時期にはよくアジサイなどにいるのを見かけました。最近は都会ではあまり見かけな
『かたつむりの二つの脳細胞』の画像

もうすぐ夏本番。プールに行く人も多いことでしょう。eskipaper.com次の写真の注意書きには「私たちはあなたのトイレでは泳ぎません。あなたは私たちのプールで排尿しないでください」と書かれています。先日オリンピック選手の発言が予想はしていたものの私には衝撃的でした
『プールに化学兵器投入?』の画像

ブランブル・ケイ・メロミス(Bramble Cay melomys)washingtonpost.comこの動物を知っている人は少ないと思います。ブランブル・ケイ・メロミスはオーストラリア最北端の島であるブランブル・ケイにだけ生息するげっ歯類です。1800年代に最初に発見されました。1978年の生息
『ブランブルケイメロミス絶滅』の画像

現在世界中の海に漂う膨大な量のプラスチックのゴミ。これが海の生物の生態系に入り込み、最終的にイルカやクジラそして私たちにも大きな影響があるとして問題になっています。もちろん漁業や観光業にも大打撃です。(ひかたま:見えない汚染:マイクロプラスチックと「木喰
『海のゴミを消していくアイデア実現へ』の画像

米国インディアナ動物園が展示の花形の一つであったホッキョクグマの展示を永久終了することを今週発表しました。ここにいるホッキョクグマはタンドラ、29歳です。サンディエゴ動物園生まれ。2歳の時にインディアナポリス動物園にホッキョクグマ飼育施設が完成した1988年やっ
『ホッキョクグマを手放した動物園』の画像

梅雨に入り雨の日も増えました。今回は休日が一日中雨のため、山を下りて苔の美しい森へ行ってきました。八ヶ岳には、苔がとても美しい場所があります。日本蘚苔類学会が選んだ「日本の貴重なコケの森」の一つに選ばれています。 この森だけでもなんと485種類もの苔が確認さ
『雨の苔の森へ』の画像

世界のニュースでは人や動物がさまざまなものに頭を突っ込んで抜けなくなる報道がたくさんあります。今回は英国から木の洞に頭を突っ込んで抜けなくなった牛さんのお話です。英国北西部ノース・ヨークシャー州の小さな町の牧場での出来事です。一頭の黒毛牛がなぜか木の洞に
『頭を突っ込む』の画像

マレーシアに100万ヘクタールという広大な海洋保護区が設立されました。海のデリケートな生態系を守ることが目的です。mymodernmet今回の保護対象区はこちらの黄色い線で囲まれた区域。TMPとはこの保護区の名称Tun Mustapha parkの略です。.theguardian.comこの保護区を制定
『マレーシアに海洋保護区設立』の画像

スペインで犬のうんちが盗まれるという事件が起きました。路上に置いてある犬のウンチを誰かが片づけてしまったようです。ことの発端はスペインの都市マドリード近郊のトーレロドネス市で起こりました。このトーレロドネスでは、毎日6,000匹の犬たちが500kgのうんち路上に放
『飼い主のマナー:犬のうんち盗難とスーパーヒーロー』の画像

前回は石鹸の中に玩具を入れて子供たちに一生懸命に手を洗ってもらい感染症を劇的に減らすプロジェクトをご紹介しました。「ひかたま:希望の石鹸」今回も引き続き石鹸で子供たちの命を救うお話です。ホテルに泊まると浴室に小さな使い捨ての石鹸が置いてあります。marriott.
『続:石鹸で子供たちの命を救う』の画像

ヤギさんのすごさは当ブログでも何度かご紹介しています。今回は、2本足で生まれたヤギさんです。Youtube生まれた時に下半身がないのを農場主が見てすぐに死んでしまうだろうと思ったそうです。ところが、生後1週間目には、二本足でバランスよく歩行を開始。Youtubeヤギの優
『すごいヤギさん』の画像

発展途上国ではいまだに感染症による病気が蔓延しています。特に犠牲になるのは子供たち。子供は、感染症に対して脆弱で死亡率も高いのです。感染症の中には、ただ手を洗うだけでも感染を防げるものもあります。WHOでは石鹸でしっかりと手を洗うことを奨励していますが、なか
『希望の石鹸』の画像

↑このページのトップヘ