ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2017年02月

再掲です。「ローン・サバイバー」という映画がありました。 米国海軍精鋭特殊部隊シールズによる実話です。シールズ史上最大の悲劇といわれるアフガニスタンでのレッド・ウィング作戦に参加し、たった一人奇跡的に生き延びて生還を果たした元隊員マーカス・ラトレルの手記
『パシュトゥーンの掟 すべての人との繋がり』の画像

明治神宮へ参拝へ行きました。まずは南池へ。ここはあまり人が来ないのでとても多くの参拝客・観光客の喧騒から離れて心穏やかなに過ごせる場所です。南池は明治神宮御苑内にある「清正井(きよまさのいど)」を水源とする自然池です。清正井は毎分60リットルの湧水がありま
『明治神宮南池』の画像

2月は 空気が澄んで星がとても綺麗に見えます。 澄んだ冬の深空にキラめく星たちを眺めて、 ひと時宇宙と心を一つにしましょう。   今月の見どころは 冬の大三角、冬の大六角形(ダイヤモンド)本田・ムルコス・パジュサコバ彗星の接近最大光輝の金星木星の留 などがありま
『2月の星空:今年一番金星が輝く日』の画像

台湾で今月から保護施設に収容された動物たちの殺処分を禁じる法律が施行されました。アジアではインドに次いで二番目です。pixabay動物保護法改正法案が議会で可決されたのは2年前です。施設側準備のために猶予期間が設けられていました。この準備期間中にとても悲しいこと
『台湾で保護動物の殺処分禁止:日本は?』の画像

天王寺動物園では10頭いたコアラもあと1頭アークくん10歳だけになりました。このコアラを最後にこの動物園ではコアラの飼育・展示は終了になります。pixabayまずコアラの価格はいくらでしょうか?コアラは無料でもらえる動物です。でも食費が高いのです。この動物園でも食費
『日本から消えていくコアラ』の画像

昨日は山は夕方まで吹雪。夕方になってようやく天気が回復しました。これは池です。誰もいないので静寂に包まれています。周りの木々は真っ白に化粧しています。 山の木々も純白です。夕方なのでどこに行っても誰もいません。日没近くなってようやく雲の切れ間が出来てお日
『冬の光景』の画像

アシェットという書籍の会社があります。一般の書籍では世界第三位というフランスの出版社アシェット・リーブルの日本子会社です。毎号テーマに沿った付録がついている分冊百科で人気です。この会社のアシェット・コレクションには幻のコレクションシリーズが存在しています
『幻のアシェットコレクション:世界の昆虫』の画像

今日は幸せと心の在り方の続きです。ハーバード大学では、1938年から約80年ちかくにわたって幸福に関する研究を続けています。 「何が最終的に人を幸せにするのか」 というテーマです。 今の若者に聞いた調査では、 幸せとは、 お金持ちになること 有名になるこ
『真の幸せへの秘訣』の画像

オーストラリアのクイーンランド州。ウミガメの産卵地として有名なモンレポ・ビーチがあります。今年は異常な高温のため孵化したウミガメがそのまま死亡しています。 abc.net.auビーチの砂の温度は75℃。ウミガメの赤ちゃんは汗もかけずパンティングによる体温調節すること
『オーストラリアでウミガメの赤ちゃんたちが次々と』の画像

米国はオバマ政権からトランプ政権へ移行して「米国第一」主義を前面に掲げて経済発展を重視する政策が進行中です。経済発展に伴い眼の上のたんこぶとなりえるのは環境問題です。inhabitat.comトランプ大統領は、公約として環境保護庁を解体し、バラク・オバマ前大統領が掲げ
『環境問題から撤退する米国』の画像

雪紋(シュカブラ)雪紋は、雪の表面の風紋です。強烈な風によって、固まった雪が削られることでさまざまな形が作られます。通常は標高2500m以上の積雪の多い稜線でよく見ることが出来ます。 歩く時にサクサクしますが気温が高い時に凍るとカチカチになります。場所によって
『雪紋シュカブラ』の画像

スペインの異常気象によりヨーロッパ、特に英国のスーパーでは野菜が品薄となり価格が高騰しています。野菜コーナーはすべて売り切れ。dailymail.co.uk野菜売り場にはスペイン洪水による野菜調達困難のアナウンス。dailymail.co.uk購入制限も出ています。 dailymail.co.uk 
『異常気象により英国のスーパーで野菜が品薄価格高騰』の画像

↑このページのトップヘ