ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2018年02月

植物ナノバイオニクスという分野があります。植物ナノバイオニクスは、さまざまな種類のナノ粒子を植物体に埋め込むことによって植物に新しい能力や特性を付け加える技術です。電子電気機器が行っている多くの機能を植物を電子機器代わりにすることが目的です。MIT化学工学研
『植物ナノバイオニクス』の画像

マタベレアリ。新しい治験が出たので再掲です。マタベレアリは、アフリカのサハラ砂漠南部からアフリカ南部にかけて広く生息しているアリです。この写真はシロアリとの戦いの後、戦利品のシロアリをくわえています。news.mb.com.ph写真を見てわかるようにこのアリの働きアリ
『傷ついた仲間の手当をするアリ:続報』の画像

インドネシアの犬肉市場反対を。forcechange.comインドネシアのジョコ・ウィドド大統領あての嘆願書です。インドネシアではいまだに毎年少なくとも数百万匹と言われる犬肉市場が存在しています。家畜と違い正確な数は把握されていませんが相当な数になっていることだけは確か
『インドネシアの犬肉市場廃止への嘆願書』の画像

オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅。オーストラリアの海洋生態系に重要な位置を占めていた貝礁がすでに90~99%が消滅し最大の危機に立たされていることが研究の結果、判明しました。blog.nature.orgこの研究は自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conse
『オーストラリアの貝礁壊滅』の画像

収入によって健康状態が変わることは多くの研究で示されています。例えば要介護認定を受けていない65歳以上の男性の中でその後4年以内に亡くなった人の比率は高所得者で 11.2%低所得者で、34.6%実に3倍以上も違いがあったのです。同じ東京に住んでいても健康年齢は地域によ
『総資産とその後10年間の死亡と障害のリスクの関係』の画像

毎年お正月になるとお持ちを喉に詰まらせる人がいるようです。これはお持ちに限らずさまざまな食材で起こります。英語では急いで食事をして食塊が食道にひっかかった状態にステーキハウス症候群steakhouse syndromeという病名がつけられています。cooking.nytimes.comそれは
『ステーキハウス症候群と魚の丸飲み』の画像

どんな人でも無意識に左右のどちらかを好む傾向があります。棚に陳列された商品の購入するときもトランプのババ抜きのときにも右側を選ぶ人は多いようです。これは「右側選択バイアス」といいます。さまざまなところで無意識に行われています。そういう左右の偏向について研
『右側選択バイアス』の画像

ゴールディドイツの森林に住んでいるメスのオオカミです。もともとは200km東にいるオオカミの群れに属していました。そしてゴールディのパートナーとなったオスのオオカミはドイツとポーランドの国境近くの群れに属していました。2015年に彼らはお互いに数百kmの道のりを旅し
『オオカミのゴールディを助けて』の画像

コホート研究という分析研究方法があります。特定の疾病の発生率を調べるためにある要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡比較調査を実施して、要因と疾病発生の関連を調べる調査研究のことです。文部科学省コホート調査(JACC:Japan Collaborative Cohort
『テレビとがんの関係』の画像

チリに1000万エーカーを超える広大な自然保護区が誕生しました。Parque Patagoniaこの保護区の誕生にはアウトドア企業の元CEOであるクリスティン・マクディビット・トンプキンスとアウトドア企業ノースフェイスなどの創業者ダグラス・トンプキンスの二人の情熱的な自然保護が
『チリに1000万エーカーの自然保護区誕生』の画像

相変わらずたいへんな状況のはずの福島第一原発。ここを運営管理統括している東京電力(TEPCO)は、東京オリンピックの2020年までに同原発施設への視察者の数を倍増することを目指しているそうです。東京電力では現在、地元住民、大使館員、学校の生徒らの集団見学の申し込み
『原発報道の温度差』の画像

南アフリカ共和国のケープタウン。アフリカ大陸先端の大都市です。夏は暑く、乾燥しています。アフリカの半島は東南から乾燥した強い風が吹いてきます。この風は淀んだ空気を清浄にしてくれるために「ケープ・ドクター」と呼ばれています。秋からは温暖な海から吹いてくる風
『デイ・ゼロ:ケープタウンの水不足』の画像

↑このページのトップヘ