ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2018年05月

天王星太陽系の内側から7番目に位置し太陽系の中では木星・土星に次いで、3番目に大きい惑星です。最大等級+5.6等のため、地球に最接近している時には肉眼で見えることもあります。commons.wikimedia.org天王星は主にガスと多様な氷から形成されています。2018年にオックスフ
『天王星の匂い』の画像

なおちゃん流・超進化論講座に参加することになりました。6月3日(日曜日)です。kilei.net詳しくはこちらから。今回は私と「光の魂たち 動物編」の表紙を描いてくれたミラクルアーティストのはせくらみゆきさんが特別ゲストで来てくれます。kilei.ocnk.netこのブログ読んで
『なおちゃん流超進化講座』の画像

シェール・アミフランス語で愛しい友と呼ばれた鳩がいます。leesbird.com1918年10月第1次世界大戦末期のフランスで多くの兵士の命を救った鳩です。米軍500名の第77歩兵師団は、アルゴンヌの森の戦いに深く入り、通信手段も断たれたまま敵に囲まれて孤立してしまいました。後
『シェール・アミ:兵士たちの命を救った鳩』の画像

電子レンジwomenonthefence.comちょっと昔はどこの家庭でもあった調理家電です。電子レンジが食品に与える有害性身体に与える有害性は最近多く知られるようになり多くの人は使わなくなりました。thetruthaboutcancer.comそれに加えてマンチェスター大学の研究者らが環境への
『電子レンジの環境負荷』の画像

早起きは三文の徳といいます。英語ではAn early bird catches the worm 早起きの鳥は虫を捕まえるではどのくらい徳なのでしょうか?早寝早起きの朝型の人と夜遅くまで起きている夜型の人の死亡率を比べた論文があります。「Associations between chronotype, morbidity and
『朝型と夜型の人の死亡率の差』の画像

夏に生まれた犬は、心血管系の疾患を発症するリスクがより高いという研究結果が発表されました。この研究結果はサイエンティフィック・レポートに発表されています。nature.com研究では、250種以上、12万9778匹のわんこのデータを詳細に調べています。もともとキャバリアのよ
『夏生まれのわんこの心臓病』の画像

私たち人間は動物の中で一番清潔だと思っている人が多いです。特にベッドはいつも清潔にしている人も多いはずです。ちなみにチンパンジーのベッドはこんな感じです。news.nationalgeographic.comある研究者が人のベッドと野生のチンパンジーのベッドの清潔さを比べた研究があ
『清潔さ』の画像

アンテキヌスネズミにちょっと似ているかわいい有袋類です。wqad.com現在絶滅の危機にあります。straitstimes.comこの動物の雄は死んでしまう限界まで交尾を続ける動物として知られています。雄♂は年に1回の繁殖期雌♀が二週間の発情期に入ると必死になって交尾活動を始めま
『命がけの長い交尾で有名なアンテキヌス絶滅の危機』の画像

五丈岩とても神聖な磐座(いわくら)です。この五丈岩のある金峰山は昔は甲斐国内では富士山に次ぐ霊山として知られ、近世中期以降は金峰山と富士山を結ぶ道者街道とよばれる道がありました。この岩のある金峰山は、瑞牆山・朝日岳・大日岩・小川山などの山々とともに広大な
『五丈岩』の画像

デンマークで最後にオオカミが目撃されたのは1813年。今から200年以上前のことです。そして今雌のオオカミがデンマークに現れました。そして射殺。このオオカミは人に危害を加える徴候など全くありませんでした。theguardian.comこの場面を偶然撮影していた人がいました。衝
『オオカミの無慈悲な射殺:デンマーク』の画像

バルト海の沿岸部ヒデンゼー島ここで先日考古学好きの二人が1枚の銀貨を発見しました。それをきっかけに専門家チームがその一帯を発掘したところ、銀貨や宝飾品などの財宝が次々に発見されました。bbc.combbc.comそれはブルートゥースたちが埋めたものだったようです。ブルー
『Bluetoothブルートゥース』の画像

今日は「君が代から神が代へ」からの抜粋です。バルドは、チベットの言葉。「バル」は、中間を意味し「ド」は、解き放たれたことを意味しています。狭い意味では、死と次の生まれるまでの間の状態を言いますが、広い意味ではもっと深遠な意味を含んでいます。「チベット死者
『バルド』の画像

↑このページのトップヘ