ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2018年10月

ニコン・スモールワールド顕微鏡写真コンテスト。歴代の作品集は、こちら。毎年とても美しいミクロの世界を見せてくれます。今年はすでに第44回。世界89ヵ国、およそ2500人の応募がありました。今日はその中から一部の優秀作品のご紹介です。スズメバチ科のハチのアップnikon
『ニコン・スモール・ワールド2018』の画像

休日の朝お散歩中に動画撮りました。音楽も入れたのでBGMと共にご覧ください。曲は、Day without you  最新刊「光の魂たち 植物編」先行販売予約はこちら今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。人気ブログラン
『朝のお散歩』の画像

以前このブログでも兵庫県のクマたちを助ける記事を書きました。ひかたま:兵庫県でクマ猟開始現在兵庫県ではクマの射殺が20年ぶりに解禁されています。さらに今年からは狩猟数増加を目的として、クマ狩猟上限数を撤廃してしまうことになりました。こちらは、クマを救うため
『兵庫県のクマを守る署名』の画像

再掲です。いまだに子供の虐待が絶えません。弱者への虐待はいかなる理由であれ行ってはいけないこと。子供にタバコを加えさせた親も逮捕されました。暴力事件も多く報道されています。でも、次のような複雑な虐待ともいえる事例は皆さんはどう解釈するでしょうか。NaturalNe
『ヒポクラテスの誓い「...First Do Not Harm」患者を傷つけてはならない』の画像

チョコレート。もう長いこと食べてない気がする・・。目にいいかもしれません。こんな論文があります。「Effects of Milk vs Dark Chocolate Consumption on Visual Acuity and Contrast Sensitivity Within 2 Hours: A Randomized Clinical Trial.」ミルクチョコレートとダ
『チョコレートと視力』の画像

ラッコ。最近日本の近海でも増えてきました。nationalgeographic.comとにかく可愛い。.adfg.alaska.gov私の大好きな動物の一つです。ラッコは、私がいままで触ってきた動物の中でずば抜けて最高の肉球をしています。あの感触は、一度触ったら忘れられない気持ちよさです。reb
『ラッコの石』の画像

10月8日は体育の日(祝日)。多くの人は祝日と祭日を一緒と考えています。祝日は、日本国の歴史的な出来事(建国など)や記念日を国が制定した日です。1948年に施行された「国民の祝日に関する法律」で定められ、年間16日あります。一方祭日は、皇室の祭典や神道などと関連し
『祝日と祭日』の画像

涙を飲むという表現があります。つらい気持ちをぐっとこらえるという意味です。それとは別に本当に涙を飲んで生きている動物たちがいます。それは南米アマゾンの奥地に生息する蝶々たちです。ワニさんの涙を飲んでいます。thisiscolossal.comこちらはカメさんの涙を飲む蝶た
『カメの涙を飲む蝶たち:涙食』の画像

インドライオンかつてはインドから中東まで生息していましたが、イランや中東アジアではすでに絶滅。インドでも開発や乱獲によって激減し、現在ではインドのギル森林国立公園野生生物保護区のたった一か所だけに約600頭ほどが生息しています。その希少なインドライオンが、こ
『希少種インドライオンの大量死』の画像

秋がどんどん山の麓へと降りてきました。山はもう時折、氷点下となり雪もちらつき始めています。冬の始まりです。高原では紅葉が美しく赤や黄色に色づいた葉っぱがまるで美しい花々のようです。動画を撮りました。BGMと共に見てください。  こちらは大きなケヤキの木これか
『秋の気配』の画像

海外では収穫中に農薬を使うだけでなく収穫後まで見た目をよくするという理由で野菜や果物を農薬漬けにする現代。naturalnews.com野菜や果物は本来は身体にとても良いはずです。野菜や果物には「フィセチン」という健康寿命を延ばしてくれる成分が豊富に含まれています。でも
『農薬の必要ない世界』の画像

動物では、生体のすべての機能を統括する脳という組織があります。植物でも動物の脳のように指令中枢として機能している細胞群があります。livescience.com指令中枢細胞群は上の図の赤い部分にありました。植物にとって種子の発芽のタイミングはとても重要です。植物の指令中
『植物の種子にある脳』の画像

↑このページのトップヘ