ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

2020年10月

雪山から下りると別世界のように暖かな紅葉が拡がっていました。一日こんなところでのんびりと雪浴びしながら瞑想してiPhoneで撮影下りてくるとこんなに違う。どちらも素敵です。ほとんど人はいませんでした。山は貸し切り状態。人の行かない困難な道を辿り探索することは皆
『山から下りると別世界のよう』の画像

今年はやや早めの積雪@長野県です。休日に山々を巡ってきました。美しい景色の中で一日中、雪浴びしてきました。他の観光客や登山の人たちはアイゼン&ピッケル装備していない人がほとんどで途中までで下りていく人がほとんどでした。山は人がいないのでとても静か。いい時
『今シーズン初の地吹雪』の画像

抗生物質自己治癒のできない細菌感染に有効な治療法の一つです。でも、無差別に飴玉のように処方される現代日本の医療では耐性菌の出現やさまざまな副作用の問題、新しい病気の発現を誘発、正常な細菌叢を破壊するなどいろいろな有害性も指摘されています。今まで抗生物質の
『	 抗生物質が新しい脳神経細胞の成長を阻害する怖れ』の画像

ビール私はほとんど飲むことはありませんがよくビールをプレゼントで頂くことがあります。いままでは宅急便屋の配達員さんたちに配るなどしていましたが、それでも余ることがあります。でもビールはいろいろな使い道があるのです。ビールご飯お米を水の代わりにビールで炊き
『ビールの使い方』の画像

ボトックス注射ボトックスは、ボツリヌス菌から作られるA型ボツリヌス毒素です。ボツリヌス毒素は、神経伝達物質アセチルコリンの伝わり方を弱める働きがあり筋肉が緊張している部分にボツリヌス毒素が作用すると筋肉は弛緩します。その作用を応用して医療では顔面の痙攣や眼
『ボトックス注射によって殺される命たち』の画像

国際水路機関(IHO)とユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)は共同プロジェクトとして世界の海底地形名を標準化するための活動を行っています。国際的には、GEBCO(General Bathymetric Chart)とよばれているものです。 海上保安庁日本で新たに命名された海底地形名は、なぜか
『	 海底の山の名前が文豪だらけ』の画像

最近は新型コロナについてテレビでは論文の内容を過大解釈して論文内容を歪めて報道することが当たり前になっています。そして事実とは違う情報が一人歩きしています。今の情報社会ではお金さえあれば世論を操作することも事実を歪めることも容易なのです。偽物の情報でも一
『	 論文の信憑性』の画像

シオカラトンボ。露天風呂に入っていたらたくさんのシオカラトンボがやってきました。日本では最も一般的にみられるトンボの一種です。雄♂は、お腹が白くなり、「シオカラトンボ」と呼ばれます。雌♀は、お腹は白くならず、「ムギワラトンボ」と呼ばれています。 雄は、成
『トンボの羽の秘密』の画像

紅葉がどんどん麓まで広がってきました。山はすでに冬の気配です。紅葉が一気に麓まで拡がってきました。コロナでほとんど誰もいません。私たちが本当に美しいものを観て心深く感じるのは、目に見えるものの中に目に見えないものを感じているから。動画をスマホで撮りました
『紅葉真っ盛り』の画像

シマフクロウ北海道中部と東部、サハリン、千島列島南部にかけて生息している世界最大級のフクロウです。(厳密には北海道とロシアの個体は、別種の可能性も示唆されています。今後の詳細なDNA鑑定によって明らかになるでしょう。)アイヌではコタン・コロ・カムイ(集落の守
『コタン・コロ・カムイの復活へ』の画像

トランプ大統領はコロナから回復後すぐに人々の前に姿を現しました。ちょっとお疲れの様子。それはコロナの影響なのか、入院中に使ったレムデシベルの影響なのかその両方なのか。ここでレムデシベルという薬について知っておきましょう。レムデシビルはもともとはエボラ出血
『レムデシベルをよく知ろう』の画像

学術会議今回日本学術会議が推薦した6人の学者を、菅義偉首相が任命拒否しその理由を明確に説明しないことが大きな問題となりそこから派生して学術会議の在り方そのものも議論の的になっています。学術会議は日本が米軍占領下にあった1949年(昭和24年)に発足した内閣府の特
『学術会議の在り方』の画像

↑このページのトップヘ