うちの病院の周囲の花壇には、いろいろな生物がいます。
カマキリ、バッタ、コオロギ・・。

先日はこんな生き物が待合室に飛び込んで来ました。

  kera
これは。

先日地元の学校で自然保護の講演をした時にこの写真を中学生の皆さんに見せたところ
いろいろな回答が
「カマキリ。「コオロギ」「モグラ」「セミの幼虫」・・・Σ( ̄ロ ̄|||)

誰も知っている生徒がいませんでした。
このあたりではよく見かける生き物なのですが、最近の子供たちはあまり外で遊ばないのでしょうか? 
それとも生息数が減っているのでしょうか?

そう、
「ケラ」です。

学校で「手のひらに太陽を」で♪オケラだって♪ と歌いながら、
それがどんな生き物だか、中学生の皆さんは知らなかったのでした。

普段はモグラのように地中にトンネルを掘って暮らしていますが、
実は
イザとなれば飛べるのです。

考えてみたら、私たちの社会も、地下はいろいろ有効利用しているのもがあります。
地下鉄やトンネル、建物の地下、地下駐車場。。

ちなみに、こちらはドバイの地下鉄構内
3218
2619
綺麗ですね。

でも私たちの足元に広がる地下については、まだまだ知らないことばかり。

地球のマントルの下には、広大な第二の海があるとされ、


oceans112TEC TIMES

アジアの地下に、北極海と同じ大きさの広大な海が発見されたり、


ocean2Livescienc e

アマゾン川の地下深くには、
巨大河川 ハンザ川が発見されています。


amazon112MailOnline

黒海の下にも巨大な地下河川が


blackseaThe Teregraph


現在は、地球を探索する技術が向上し、他にも驚くような地下の発見が相次いでいます。
グリーンランドの氷の下には、グリーンランドグランドキャニオンが見つかっています。

米国防高等研究計画庁DARPAでは現在地下5000mまでの地球透視プロジェクト計画が進行しており、さらに新たな発見が相次ぐ可能性もあります。

日本でもミュー粒子などの宇宙線を利用した火山の内部透視実験が始まっています。

myu-
さらに地球の内部、核はいくつかの構造になっていることも判明しています。
核の中にさらに核がある所までは科学でわかっています。


earthcoreMailOnline




さて、大自然の地下構造の発見の話はまだまだキリがないので話題を変えますが、

人は地下にも秘密基地を作るのが昔から好きです。
世界各地に地下トンネルがあります。

ヨーロッパには数千に及ぶ古代の地下トンネルが存在します。

tunnel1

article-2022322-0D47A59700000578-168_634x882 MailOnline
南米や中米、アジア各地でも古代トンネルが見つかっています。
山の上のマチュピチュ遺跡にも地下への通路が見つかっています。


最近では、
中国で次々と見つかる地上の不自然な模様は、
その地下に大規模な構造物があると分析されています。

china2SLASH GEAR
これも
article-2225203-15C239F3000005DC-337_634x461

こちらもタクラマカン砂漠に突如現れた模様
article-2225203-15C2358A000005DC-527_634x482

さらに中国は、いま次々と巨大プロジェクトを進行しているのです。
ニューヨークタイムス紙は、「中国のプロジェクトで、いまや万里の長城は小さく見える」 と紹介しています。

114chin The New York Times
世界最大の橋、世界最大の空港、世界最大の地下ネットワークなどなど。
中国からロシア、カナダ、アメリカ合衆国まで、太平洋ベーリング海峡の海底にトンネルを掘り、高速鉄道を通す計画まで検討されています。

china120The Guardian

中国は、すでに万里の長城を超える全長5,000km以上の地下の長城が完成しているようです
china113 THE DIPLOMAT

米国にも地下都市やネットワークがかなりあるようです。

米国の内部告発では、地下トンネルの他にも129の基地が存在するとの情報です。

us11

もちろん他の国も。イスラエルではかなりあるようです。
israel BUSINESS INSIDER


どうしても地下に住みたい方には、
こちらの物件はいかがでしょうか?
広大な敷地に、滑走路や大理石風呂まで完備した、地下防御構造も完璧な家
これだけ完備して、お値段は1億5千万円。
画像をクリックすると、詳細が見れます。
enhanced-buzz-26000-1323041150-37The Buzzfeed


またまたキリがなくなってきました。
オケラから地下へと話が移ってしまいました。
居酒屋での会話のような・・。


ここまでくると、つぎは地底人の話でしょうか?

例えば、
米国国家安全保障局NSAの機密情報を暴露しているエドワード・スノーデン氏が語った
「地球内部にいる知的人類」 の話とか・・。

snowden Phantoms and Monsters
いえいえ、それは今は書きません。


次は、美しい地下の洞窟のリンクです。

http://bigpicture.ru/?p=304709#more-304709

 

http://www.lovethesepics.com/2012/07/mysterious-massive-world-hidden-underground-paradise-fairytale-caves/#more-5013

とても美しい世界ですね。
Thien-
cave-6
cave-9
大きな水晶。左側に人がいます。

こちらはインドネシアの火山の洞窟。青く燃えています。

k15_00000023

地下は、まだまだ神秘的です。
手つかずのままの大自然の地下は美しい。

人も見た目だけでなく、見えない部分も美しくありたいものです


「人は外界のあらゆる物を探求します。
外界には意識的に計画的に行動します。
研究する時も、冒険する時も、料理を作る時にも計画的に行動します。

でも、自分自身の内面を計画的に探求する人は多くいません。
最も探求する価値の大きく無尽蔵の宝が隠された自分自身を後回しにして、意識を常に外に向けています。
 
自分自身の内面を毎日探求してください。
つまらないものを欲しがったり、ささいなことで競争したり、仲違いしたりといった外の世界から離れて、
自分の内面に存在する穏やかさや優美さを味わえる静寂な場所を内観し、
自分という存在全体をもっと知って欲しいと思います

そう、
私たちは、自分の内面をもっと探求すべきなのです。
そこには予想をはるかに超えた宝が埋まっているのですから。


今日もありがとうございました。


人気ブログランキングへ