先日スタンフォード大学で、
in vitro(試験管内の実験)で人間の細胞の「若返り」に成功したという研究発表がありました。
テロメアの長さの修復実験です。

stanfordMailOnline

テロメアとは、染色体の先端に部分にあり(下図のピンク色の部分)、染色体を保護する役割を持っています。
このテロメア部分の老化は、細胞の老化と密接に関連していると言われています。

helenblau-1AJC1 via Flickr - CC BY-SA 2.0

分裂を繰り返して老化した細胞ではテロメアが短縮していきます。
また、実験的にテロメアを短縮させると、細胞は老化することがわかっています。

今回スタンフォード大の研究チームは、テロメアを伸ばすことに成功したのです。
若い人の細胞のテロメアは、8,000~10,000有機分子という長さですが、
実験では人間の皮膚細胞と筋肉細胞のテロメアを、1,000有機分子分を長くできました。
その長くなった分の細胞の若返りが期待されています。

またテロメアを発見し、不老不死の研究で有名なウィリアム・アンドリュース博士が、
なんと
若返りのテロメアクリームを販売することを発表しました。
teromeTOCANA

この博士はドキュメンタリーにもなっています。
The Immortalists Official Trailer 


これがDefytime社の製品
main_img05
臨床テストでは目尻のシワが消え、副作用も認められていないそうです。
日本でもTAM818は、まもなく発売とのこと。

tocana2TOCANA


そういえば、サプリメントでもTA-65というテロメアサプリが売っていますが、
効き目はどうなのでしょうか??
ta65

動物を使った若返りクリームもいろいろ出ています。
その中でも超高価なのは、女王蜂の蜂毒クリーム
とても小さな瓶で2,200ドルです。
おじさんは、女性にプレゼントしたら、喜ばれそうです。
stogmaskcubeny.com


これとは別に先日マウスを一気に若返らせる夢の薬についての記事もありました。
このNMNは、
 生後22カ月齢のマウスにNMNを1週間投与した結果、細胞が生後6カ月齢相当の状態に戻ったという結果が出ました。
このマウスの寿命を、人に換算すると、60歳の人が20歳に若返ったという計算になります。

sa-c1NAVERまとめ
このNMNは、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活性化します。
この遺伝子が活性化することで、寿命が20~30%ほど延びるそうで、
人であれば、100歳以上に延びることになります。

すでに日本の食品会社で研究が進められており、
また 
たしかオーストラリアで臨床実験にはいっているかと思います。

また現在、渡り鳥が疲れないで大海原を渡るところから、鳥の胸筋に含まれるイミダペプチドも製品化されていますが、
人の筋肉からもマイオカインという若返りのホルモンが出ていることがわかっており、運動嫌いな人のためにいずれ製品化されるかもしれませんね。
この記事の女性は、75歳。見た目はすごく若いです。
マイオカインがたくさん出ていそうです。
特に太ももの筋肉からよく出ますので、
歩くことが一番です。
エスカレーターやエレベーターは、老化促進器なのです。
muscl1The Stir
まだまだ若返りの術は紹介できない程たくさんあります

あと忘れてはならないのは、若返りの前に
一気に老けてしまう老化促進物質を避けること。
それは、
お砂糖。
究極の老化促進物質です。
甘いスイーツ食べながら、若返ろうなんて無理。
アルコール性肝障害の人が、薬を飲みながら、お酒も飲むようなものです。
sugar
mailOnline
飲食しているものに、どのくらいのお砂糖が入っているのか
このサイトで確かめてみましょう。
sugar11



さて、
実は、
もうすでにいくつか究極の若返りの薬は存在します。

ここではその中から、二つご紹介しておきましょう。

まず一つ目は、
チベット医学の若返りの薬です。
チベット医学にあるbcudlenという素晴らしい若返りの秘薬。
9種類あります。
ダライラマの元侍医の話では、
最近亡くなった「伝説のマチク・ラブドゥン女史の生まれ変わり」という女性も、
これによって180歳まで元気だったそうです。

中国がチベットを侵略した時に
このbcudlenを服用していたチベット人を監禁し、
食事を与えないでどのくらい生きられるかどうか実験した記録があります。
その結果
独房内でも良好な健康状態を保ち続けたため、
中国人兵士たちは感銘を受け、
彼を釈放し、
敬意を払ったという話があります。

もう一つは、南インドのシッダ医学の若返りの薬「カーヤカルパ」です。
この薬は強力な肉体再生能力を持ち、
若返りに使われると伝えられています。
口伝によってのみ継承されている秘薬です。

これは崇高な目的のためだけに、、調合し、服用することが出来ます。
もし、これを多くの人が、高次の精神を無視して利用し始めてしまうのであれば、
本来崇高な目的のために使われるはずの霊薬が、
低次元の快楽のために使われる怖れが出てきてしまうことでしょう。
そのため、ごくごく一部の聖者しか調合することが出来ません。

ボーガナタル大師は、師匠のカランギ・ナタル大師から伝授されたカーヤ・カルパという薬草の使用によって
肉体を変容させて不老不死に近い状態にしたとされます。
この話はとても面白いので、
またいずれ書きたいと思います。



でも、私たちが簡単にできる若返りの秘訣は、とてもシンプル。
それは、
肉体的に深い呼吸、日光浴、少食、正しい食事、適度な運動、自然の中に入る。
精神的には瞑想、祈り、物事を清らかな目で見る。
そして清らかな行為を行なうこと。

これなくして、若返ってもロクなことありません。
今でも、世界の平均寿命は毎年3カ月ずつ延びています。

人生の崇高な目的なくして、若返って、一体何をしたいのでしょう?
若返りをめざすのであれば、まず、自分の理想を整えなければなりません。

理想を整えて、
魂が輝いた時に湧いてくるのが、

真の若さと美しさです。



今日もありがとうございます。 
 


人気ブログランキングへ