梅の花が綺麗に咲き始めています。

写真を撮ってみました。

10974729_681876741938587_3970002874385768405_o
サクラに勝るとも劣らない美しさ。
梅は、バラ科サクラ属の植物です。

梅の別名は、好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)、初名草(はつなぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、匂草(においぐさ)など様々な呼び名があります。
どれも美しい名前です。

奈良時代までは、お花見と言ったら梅の花だったようです。


10993133_681876795271915_5530644498609891192_o

梅は、蘭、菊、竹とともに四君子(しくんし)と呼ばれています。
君子は、本来、学識と人徳、礼儀を備えた理想的な人を示す言葉です。

蘭、竹、菊、梅の4種の植物がもつ特長を、君子の特性と合わせて表しています。
は、ほのかな香りと気品を備え
は、冬にも葉を落とさず青々として、茎は曲がらずまっすぐな性質を持つ。
は、晩秋の寒さの中で鮮やかに咲く
は、早春の雪の中でも百花に先駆けて最初に花を咲かせる強靱さがあります

私たちもこんな素敵な君子になりたいですね。

暦の上では春であっても、2月3月はまだまだ大雪が降ることもある寒い時期。
そんな中で、真っ先に美しい花を満開にさせる梅は、ひときわ目立ったようです。

禅僧は厳しい寒さに耐えて美しく咲く梅の花の様子を、
厳しい修行の上で悟りを開くことになぞらえています。

江戸時代の白隠禅師は、その著書の中で、
「雪が降る寒さを耐えた翌日に、なんという美しい花を咲かせるのであろうか。
寒苦を味わったであろうに、百花に先駆けて咲くとは尊いこと。」

と梅の花を賛美しています。

しかも美しいだけではなく、あらゆる面で役に立つ梅。
日本の大切な植物です。

今日もありがとうございます。
 
人気ブログランキングへ