先日学会のため、ものすごく久しぶりに飛行機に乗りました。

あっ昔の翼と違う。 
IMG_0211

翼の先端が反り返っています。
鷲みたい。
そう、

今の飛行機の翼の先端部には、ウイングレットがあります。

これも鷲や鷹の翼に教えてもらった智恵です。
下の写真のハクトウワシの翼と同じ構造ですね。

ハクトウワシは、一時期絶滅危惧されてしまって、
復活した聖なる鳥です。

この話は前回このブログでも書きました。

eagles5animalia-life.com/
ライト兄弟も鷹から飛行について教えてもらっていましたね。

さて、
飛行中のジェット機の翼の先端部では激しい気流の渦が発生するために
燃費も悪くなり、
後続する航空機にもその乱気流が影響してしまう可能性がありました。
それを解消したのが、このウイングレットです。


ウイングレットよって、乱気流の渦を減少または方向性を変えて、
空気抵抗を小さくするだけでなく、
推力も向上することがわかったそうです。


下の図の
画面の向って左の翼は従来のもの、
画面の右の翼は、ウイングレット付のもの。
ピンク色は乱気流の渦です。

空気の流れがかなり違います。

wingletsshttp://www.b737.org.uk/winglets.htm





NASAのTechnology Transfer Programによると
このウイングレットによって、
世界中の航空機が使用する燃料は、
2010年の時点でおよそ76億リットルも節約できたそうです。
これは経済価値に換算すると、4000億円の節約、
2150トンのCO2排出減となります。
現在は、さらに多くの航空機に設置した結果、
今年は、190億リットルの燃料の節約ができるとの予測です。

こちらは新しい飛行機のデザイン「進化したイーグル」
従来の飛行機よりもより多くの人を運び、75%静音だそうです。
265EEB6800000578-0-The_Progress_Eagle_MailOnline
こちらも
265EEB810000MailOnline

私たちは、鳥からたくさんのことを学んできました。

鳥の持つ飛行性能は、本当にすごいものです。
この複雑かつ機能的な翼の構造を見ても、
まだまだ鳥さんたちから教えていただくことは、たくさんありそうです。


057 Wing of a birdTheVisualDictionary

小さな虫も、空飛ぶ鳥も、嫌えば邪魔物、好意を持てば大切な友。
敬意を持って接すれば、様々な知恵を授けてくれる貴重な存在です。



「すべての動物は、あなたよりずっと多くを知っている。」
アメリカ先住民ネズパース族


動物は人類の兄弟、植物は人類の姉妹。
すべて大切な存在であることを
私たちは再認識しなければなりません。


今日もありがとうございました。

 
人気ブログランキングへ