先日オーストラリアの山火事で犠牲になる動物たちの記事がありましたが、
こんどは大寒波。

現在北米は大寒波中。
しかもまだ続く予報です。
usce1Sott.net


人の報道は連日なされるものの、
野生動物たちの被害はほとんど報道されません。
さすがにこの異常寒波は、野生動物たちにも大きな影響を及ぼしています。 
今日のボストングローブ紙に動物保護収容施設の話が出ています。
たくさんの野生動物たちが収容されています。
エサも無くなり、餓死や弱ってケガをするなど、保護施設の獣医師は
「今年は最悪の年」と述べています。


 owl11The BostonGlobe

普段人に絶対捕まれない猛禽類も
Tlumacki_snow-relatedwildlifeinuries_arts457TheBostonGlobe

こちらは栄養チューブからエサを与えられているカナダガン
Tlumacki_snow-relatedwildlifeinuries_arts273TheBostonGlobe

凍った河川では、水鳥たちが次々と死んでいくニュースも
waterfaTheTimesHerald

北米五大湖も凍ってしまったため、鳥たちはえさも獲れず・・。
gtrrCTV News


他にも多くの報道があります。
それだけ今回は被害が大きいのでしょう。

また、
動物たちの行動にも異変が出ています。

北極圏にしかいないカニが南下してきたり

clur1GazetteLive

英国で、北極にしかいないホッキョククジラが初めて観察されたり
kahdSundayExpress


極寒の雪の中で蛇が這いまわっていたり
sneak124MyEasternShoreMD


普段はあまり見られない北極圏の鳥たちも各地で見られるようになりました。

これはシロフクロウがニューヨークに

owll112SottNet.
こちらは北極圏のシロハヤブサがシカゴに

shirohayaCBS Chicago

北極圏の鳥たちは、南下する数はこの寒波でかなり増えています。

さらに世界中の渡り鳥たちが渡り場所を間違えている報道もこの冬は多数。

気象の変動は、多くの動物たちにも混乱を与えています。

地球の気象リズムは、
私たちを含む万物万象の集合意識の波が、地球の意識と調和して長い年月をかけて形成されてきたもの。


誰もが気候への影響力を持っています。 
人の呼吸も意識も気候への影響力を持ち、意識の在り方で変容可能です。
そして、
今の気象の乱れは、私たちの集合意識の乱れが原因の一つです。

私たちの精神的混乱は、この世界に混乱や異常気象を作り出し、
優しさや愛のある思いは、気候の調和を創出します。

自分自身の意識を静謐に保つことは、気象に大きな良い影響を与えるのです。
さらにそこに祈りを加えれば、もっと力を持つことでしょう。


私たちが地球に貢献できることはたくさんあります。

すべての動物たちが、寒い冬を無事に乗り切りますように。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ