イランイランの危機

イランイランというとてもいい香りのする植物があります。

アフリカ沖インド洋コモロ諸島は世界一位のイランイラン精油生産国。

コモロ諸島全体で、コモロ連合という国を創り、1975年にフランスから独立しました。
この国の輸出収入の一割をこのイランイラン精油が占めています。

ところが、
イランイラン栽培農園は、重労働のために花の摘み手は少なくなり、さらに森林伐採も進んで、同国のイランイラン栽培は危機的状況になってきました。

もともとはフィリピン原産です。イランイランは、タガログ語
ilang-ilangに由来し、「花の中の花」という意味があります。
学名のCanangaは、インドネシアのアボン島の言葉に由来します。種小名のodorataは、芳香のあるという意味。

花はこんな感じです。
細長い黄緑色の花びら。
ここから精油が採取されます。

CanangaOdorataイランイランPB020511

CanangaOdorataイランイランPB020510

樹はかなり大きくなります。現地では12mくらいになります。
植物事典によると、最高40mの高木にもなると書かれています。
この写真の木は日本で撮りましたが、結構大きかったです。

Canangaイランイランの木薬用 055

イランイランの花は、独特の甘い香りを持ち、
「シャネル(Chanel)N°5」を始め、
世界中のさまざまな香水の原料につかわれています。


「N°5」には原料の10%をイランイランの精油が使われています。今回のコモロの栽培状況は、香水企業にとっても深刻です。

シャネルは、コモロのイランイラン栽培農園の労働環境向上と公正な賃金確保に取り組むようです。
いまや、さまざまな植物は、気候の変動、森林破壊、乱獲、過酷な労働条件など、いろいろな要因が重なり、危機的な状況が生まれています。



植物の危機的状況は、世界各地で「静かに」大きな問題となってきました。


以下は、当ブログの過去記事「野生生薬の乱獲:植物編」からの転載です。

薬用植物が脚光を浴びている今、早急に、薬用植物の需要を満たしながら、自然を保護する法を整える必要があります。

各地で新しい品種の開発や研究、現地の野生品の採取に収入を頼る人々の救済も行われ始めています。
 
私たちは、日常生活で知らないうちに野生植物の恩恵を受け続けながら生活しています。

ですから野生植物の保護は、薬用植物を利用するすべての人々が自覚すべき問題だと思います。

自然の恵み、命の恵みは、いくら科学が発達しても人には作り出すことは出来ません。

葉っぱ一枚すら、最先端科学を結集しても作ることが出来ないのです。
1941h5147
 

花びら一枚をみても、現代科学では作り出すことが不可能な精密さと機能、美しさ、そして高次の愛と至福のすべてを備えおり、宇宙の叡智を垣間見たような気持ちになります。

 IMG_4595

わたしたちに出来ることは

自然界あらゆるものに敬意を払い、

出来る限り資源を無駄に使わないこと、

すべての生き物をあらゆる面から大切にすること

です。

 

インドの聖者ラマナ・マハリシ大師も、あらゆるもの、花や葉一枚まで大切にして、

アシュラムの木から果実を収穫する時でさえ、できるだけ優しく摘み取るようにと人々に述べています。
26_rona_194
 
これは誰にでもできること。

例えば、毎日いただくご飯もおかずも貴重な動植物の命をいただくのであり、身体を作る生薬です。
感謝して、残さずいただく。

stockfoto_17690511_AnzkRE2CHythdzn1Qyb3JyZPYyquW4fX


渓澗拾流菜けいかんにるさいをひろう) の話があります。
 ある禅寺の和尚が、川で野菜を洗っていました。
すると、川の流れに一枚の菜っ葉が流れていきました。
その一枚の葉を追って、和尚は川の中を必死で下っていきました。

そしてようやく葉を手につかむと、喜んで戻ってきたのです。
その一部始終を通りがかりの修行僧が見て、和尚に問いかけました。
「あなたのような天下の名僧が、たった一枚の葉っぱにどうしてこんなことをなされるのでしょうか?」
 和尚は、
「 
一枚の菜っ葉でも、天が人のために育み、恵んでくださった貴重なもの。百石の米も一粒から、一滴の水が大河となるのと同じこと。」
それを聞いた修行僧はとても感激して、そのまま弟子になったという話です。 

たった一人の小さな心がけでも、
地球にはとても大きな貢献です。 

その行為が世界にもたらす影響もそうですが、
この心がけ自体による見えない世界への影響もとても大きいのです。

今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
今日の話が面白かったら
ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ