今年もポピーがとても綺麗です。

今年咲いたさまざまなポピーたちの写真撮りました。
いつもは症例の病変写真を撮っているので、
また新鮮です。


まずは定番
アイスランドポピー

園芸品種No.1でしょうか。
今年も当院の玄関で次々と花を咲かせてくれました。

IMG_4714


蕾は長い茎が伸びて、頭をうなだれたようにして大きくなります。
1IMG_4600

次第に蕾の頭を持ち上げてきます。
すでに先端には、花びらの色が見えます。
IMG_5733

開花開始。
IMG_4675

あっという間に花びらが開いていきます。
IMG_4684

IMG_4705

開花
IMG_5738


花弁が一枚ずつ落ちていきます。
IMG_5758

花後
1IMG_4630

どの状態もとても美しいです。


次はカリフォルニアポピー
とても美しい花弁の色です。
花びらは薄いのに、深みのあるオレンジ色です。

IMG_4815

チューリップポピー
IMG_6585curippupopi-

オリエンタルポピー
かなり大柄です。

IMG_6598orientarupiopi-

ヒナゲシ
虞美人草(ぐびじんそう)とも言います。

IMG_6572hinageshi

ナガミヒナゲシ

IMG_6575nagamihinageshi

トゲナガミゲシ

IMG_6578tpogenagamigeshi

シャーレーポピー
IMG_6581sya-reipopi-


モンツキポピー。
花びらに紋付模様があります。

IMG_6591montukihinaheshi

アトランティックポピー
IMG_6595atorannthikkupopi-

アツミゲシ

IMG_6603atumigeshi
これもアツミゲシ
IMG_6605atumigeshi


どの種類のポピーもとても綺麗です。

「弄花香満衣」
(花を弄すれば香衣に満つ)
これは、
中唐の詩人・干良史(うりょうし)の「春山夜月」と題する詩の中の一節です。


花を手にすると、その香りが衣服にまで移ること。

それは人と花が通じ合う、
主客一体、自他不二の境地を示す言葉。

私たちが花に関心を寄せれば、花は答えてくれる。
花を見ている自分と花の間にあったはずの分離は消えて、
一体感が生まれます。

私たちは心寄せたものに対して、共鳴できるのです。
それは花でも、人でも、万物万象すべてにおいても同じこと。

日常生活の一つ一つの事を丁寧に心こめて行う。
日常生活で出会うものに心を寄せてみる。
すると、
ある日突然自分の中に花が開く瞬間がやってきます。



今日もありがとうございます。
明日はポピーの仲間、ケシのご紹介です。
ポピーの写真良いと思ってくれた方は
ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ