今週の報道。
4歳の若い雌のサイが生きたまま、角を顔面ごと切り取られてしまいました。
密猟者は、このサイを放置。
このままでは、死亡してしまいます。

動物保護団体 Saving the Survivorsの獣医師チームがこのサイを救出し、治療を施しました。

 s1122779FACE BOOK/Saving the Survivors


そして治療後、数日たって、ようやく食事と水をとれるようになったのです。

ss980xFACE BOOK/Saving the Survivors

顔面を切り取られるなんて、想像を絶する痛みを耐え抜いたのでしょう。

ss2980xFACE BOOK/Saving the Survivors

この若さですから、上手くいけばまだまだ長生きできます。
ss3980xFACE BOOK/Saving the Survivors


傷が癒えるまでは、約1年はかかるでしょう。
心の傷はさらに、深く、長く残ります。

サイの角が、
「媚薬」だの、まやかしの「癌の薬」だの・・・。
人間の欲望の犠牲。


Saving the Survivorsの活動内容は、こちら。
ssSaving the Survivors

利己的な政治経済、
思いやりのない競争社会、
形骸化した宗教・・・・。


多くの人が慈悲、思いやり、喜び、平等心を忘れているのは、
表面的な感覚や虚飾的な生活に振り回されて、
心の奥にある平安を見失っているから。


母なる大地が揺れ動き、
人々の眠った慈悲の心を目覚めさせようとするのがよくわかります。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ