最近お会いする人達に目立ってきた変化があります。

「私は過去世で、クレオパトラの側近だったから・・」
「私は過去世で、海で死んだから、海はいけない。」
「私は過去世で、とても偉い神官で、すごい能力を持っていて・・・」
「僕の過去世は、〇〇(歴史的偉人)。」
「僕は過去世で、あなたと夫婦、そして今運命的な再会を・・・・」
・・・・

しかも、自分の過去世を語るほとんどの人が、
自分で自分の過去世を見る能力を持っていない。

人から言われたことを鵜呑みにしているだけ。

ご自分の克服したくない欠点・直したくない弱点を過去世のせいにしている人も多く見られます。
本当に自分の力で思い出したのであれば、その弱点は克服されているはずです。
人から言われた過去世の栄光を自慢する人も・・・。


何故人から言われたことを、鵜呑みにしてしまうのでしょうか。
霊能者には、
とても優れた方々がいます。
信頼できる有能な霊能者の場合には、
紐解かれた過去世は、今の自分をさらに進化させるための有力なアドバイスになるでしょう。
以前このブログにも書いた「稽古照今」(過去を学んで、今に活かす)ができるでしょう。

一方で、
ほとんどあてずっぽうだったり、
能力が未熟だったり、
自称霊能者自身に都合の良いような過去世を作ったり、 
物質世界ではない想念の世界を読み取ってしまう人も、
とても多くいるようです。

ひどい例では、相談者を自分の運命の人だったという過去世を信じ込ませる場合もあります。
しかも、何故か言われた方も、信じてしまう人が多い・・・。
まるで、新たなナンパのようです。 

IMG_1316


人から言われたことを盲目的に信じてしまう。
それは、 
まるで現代社会の宗教のようです。
現代では、世界中の人々がいろいろな宗教を信じています。
宗教的儀式を行い、
教典を読み、
神社仏閣教会へ行きます。

でもこの世界は、宗教同士での争い、差別、偏見があまりに多く、
すべてが非宗教的世界になっています。
異なる宗教同士で戦争しても、神には近づけません。
争いが起こらなくなるはずの宗教で、争いが増えてしまう矛盾。



それは、宗教の教義、神への信仰心が、
自らの体験に裏打ちされたものではなく、
頭に「教え込まれた」ものだから。


本来の宗教は、
教義を盲信誤信することなく
「すべての存在のために役立つこと」。
異なる宗教間の争いなど、全く必要ないものなのです。

ただ知識を与えられ、信じるように教え込まれている。
そこには、自らのハートで考え、判断する余地は無くなっています。




過去世リーディングもそれと同じこと。

自らの魂の進化の過程で、過去世を思い出したわけではなく、
他人に言われたことを、本当かどうかの判断さえできずに、鵜呑みにして頭で信じているだけ。


それは外部からの情報として他人が与えたものであって、
自分の内面から開いたものではないのです。

一体どうやったら、外部から与えられた情報が、
自らの努力無しに、究極の真実へ到達するための手段になれるのでしょう?


外部から与えられた情報は、
自分で働かずに、他人からお金を借りるようなもの。
お金持ちのように振る舞えても、心は豊かになれず、霊的進化にとっては何の意味もありません。
一方、
たとえ貧しくても、自分で働いた分だけで質素にいる方が、心には豊かさが生まれるはずです。



過去世を知りたいと願う人も多いと思います。
でも他人から言われるのと、
自ら思い出すのでは
その質は全く異なります


自分の中の許しの力がある程度強くなれば、
そして
今回の生における目的の理解が明確であれば、
今の自分に必要な過去世での体験は、自然と思い出すことが出来るようになります。

すべての存在に対する愛
は、
精妙な霊的な能力を育む力を持っています。
それは過去世を思い出すために必要な素質です。
一方で、
愛のない思い、言動は、表向きは上手く隠したとしても
自らの高次の能力を破壊する力を作りだしてしまいます。


小さな頃から自分の過去世や未来世、その中間世の記憶を保持または取得できる人は、
他人と自分に対して、愛することや許す力がすでに備わっている人が多いようです。

もし、
一緒に遊んでいる友人が、過去に自分を殺した人だと覚えていたら、
どう思い、どう行動するでしょうか。
自分が過去世で犯した過ちを覚えていたら、どう心の整理をつけられますか。
それを許せる力を身につけた時には、自分の過去を思い出せるでしょう。

許す力は、
輪廻転生を繰り返す中で様々な試練を通して培ってきた経験の結晶のようなものだと思います。
お金で買えるものでもなく、
本を読んでも身につくものでもなく、
他人から教えてもらって出来ることでもありません。

自分自身で数多くの困難と犠牲という厳しい試練を経験することによって、
許す力を強化するしかありません。

まずは、毎日かかさず自分で内観する時間を作りましょう。
すべての正しい答え、自分を最適な道へと導く標は、
自らの中にあります。

今日もありがとうございます。
 
人気ブログランキングへ