地球には、さまざまな動物がいます。

今日はほんの一部ですが、
身体の一部が特徴的な動物たちです。


まずキリン。
首が長すぎです。
長い首は、高い所にあるエサを得るために、とても役に立ちます。

IMG_1983
 

ゾウ
鼻が長い

adgdhsh


オジロオナガフウチョウ
見事な長い尾です。

db7e3f1a191dfa7cf472477f87fdcc6a22973bbf4c3ccc11ed3fd00c6105b0dcFlickr/GrrlScientist

フェネック
耳がデカいです。

fc5b06426556c1b3f0233e264d0Flickr/Yvonne from Willowick Ohio
オオミミトビネズミ
こちらも大きな耳。

Long-eared-jerboaZSL,org




ヤリハシハチドリ
嘴がとっても長いです。

970402e220779d5b18dfaa3be23ca8016dae9bd9d3309029fd21a31b06cab95bFlickr/don r faulkner

 テングザル
鼻がとても大きいです。

tenguShutterstock/Kjersti Joergensen
 
サイガ
鼻がデカい。
極寒の地域に生息しているため、
極度に冷えた空気を暖めてから体内へ入れることが可能です。

slide_352028_3807884_freeWikimedia



セイタカシギ
身体の割に脚が長い

0067c0f9b11ccbc1b51a75fbe028993d11a81075f467a3425d9b4d029d9c659eFlickr/Lip Kee

タテガミオオカミ
モデルさんのような脚です。
草丈の高い草原で暮らすために、とても役に立っています。

d42311541a9125b1d1c92707c00dca0a6edce35ac438712ebf176bafbe336fffFlickr/ifindkarma

イッカク
牙が一本だけ長い

720dcf01-sBoredpanda.com

 
皆とても個性的です。


私たち人間も同じ。
ピアノが上手い人もいれば、
走るのが速い人もいる。

そこに優劣は全くなく、
各々が素晴らしい個性を持っています。


だから、
他人と比較することは意味のないこと。

ゾウは、犬に鼻の長さを自慢しませんし、
牛は、イルカと泳ぐ速さを競争することはありません。

cow-dolphin-687x364

他人と自分の状況を比較すること自体が
分離感を強めてしまい、
正しい意識状態から離れてしまう要因となります。

人間は、いつでも比較をしたがり、差別を生み出すことに熱心です。
差別は、あらゆる紛争や戦争の元になってきました。

誰もがかかりやすい病気には、
風邪の他にも、
劣等感や優越感という病があります。

過度の劣等感は、競争心を煽り立て、意識を健康な状態から逸らしてしまいます。
過度の優越感は、自分でも気が付かないうちに、他人を卑下してしまうやっかいな病気です。

これらの病気に罹ると、
本当の自分を見失い、
どんなものにでも優劣をつけたがります。


先ほど見たように、
自然界では
キリンとゾウが首の長さで口論することも無ければ、
クジラとネズミが体の大きさで競い合うこともありません。

すべてが個性的、
すべてが特徴的、
すべてが唯一無比な存在。


だから健全な視点から見れば、比較や差別はあり得ないこと。
もう一度、自分の心の中をよくのぞいてみてください。
比較したり、優劣をつけたりしていませんか?


thumbs_255547_406495956066490_1588283655_nSungazing

モーニング・ダブ
「地上のどんなものにも目的がある。
病にはそれを癒す草花があり、
どんな人にも使命がある。
だから
私たちはすべてのものを、
すべての人を
尊重しなければならない。」


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ