鳥が鳥の上に乗っています。
楽ちんです。

乗せる方も特に気にしていません。

free-ride1
SFGATE

まるでタクシーに乗るように、
気軽に乗っています。

free-ride-1 SFGATE

こちらも。ワシの上にカラス。
PAY-crow-grabs-a-lift-on-a-bald-eagle Mirror/PhooChan


ヨーロッパアオゲラに乗ってしまったイタチ。

B_HpY-fWkAAFxdf MartinLeMay

この写真は話題になり、道路標識まで作成されました。
weaselpecker-sign-_3224660b Teregraph


サイの背中に乗るジャコウネコ
1411139341193_wps_12_PIC_BY_WILDLIFE_ACT_CATER MailOnline

バッファローの背中に乗るジャコウネコ
ride5 MailOnline

クジラの上に乗るアザラシ
55faf5831c00002500082614ROBYN MALCOM/DIIMEX.COM



カメの上にイワダヌキ。

taxi2 giphy

馬の上に山羊
ride3 Giphy

羊に猫。
ride4 Giphy


当ブログでご紹介したボーダーコリーのヒーカンちゃん
いつも馬に乗っています。

c7903151-s



「重は軽の根たり」(じゅうはけいのこんたり)

と老子は言いました。

重いものは、軽いものの下にいて支えるもの。
強いものは、弱いものを守るもの。
出来る人は、出来ない人のために行動する。
多く持つ人は、持たない人に分け与える。



たくさんのことが出来る人は、
より多くの責任を伴います。

それは損得勘定なしに、人として当然のこと。
のはずですが、

現代社会では素直に「強い人が弱い人を守る」ということは無視され、
すべての行為を金銭価値に置き換えて考えてしまいます。

「こうしてあげたんだから」、「こんなにやってあげたのに」・・・
見返りを期待すること自体が、苦しみの元になるのに。

人に良いことをしたら、すぐに忘れるのが一番です。

無償の善行は、
心の貯金は貯まりやすいですし。

 

動物は、背中に乗せても、料金を請求しません。
動物は、持っているお金の量で、人を判断しません。

何のために強くなるのか、
何のために智恵を得るのか、
何のために大きな仕事をするのか、

それは、
すべての存在のために有益なことを行うため。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ