今日は物語から。

ある
きこりが、
川のほとりで携帯をいじっていたら

うっかりと手を滑らせてしまい、 
携帯を川に落としてしまいました。

きこりは困ってしまいました。
携帯が無いと、どこにも連絡も出来ず、
インターネットにも繋がらないので、
とても不安になりました。

すると、
川の中から、
神様が「金の携帯」を持って現れました。
IMG_0837

「お前が落としたのは、この携帯か?」
「いいえ、違います。わたしが落としたのは、そんなに高価な携帯ではありません。」
 
すると神様は、
次に「銀の携帯」を出しました。
「では、この携帯か?」
「いいえ。その立派な携帯ではありません。」
 
「では、この携帯か?」
神様が3番目に見せたのは、使い古した汚いきこりの携帯でした。

「ありがとうございます。それが私の携帯です。ヾ(=^▽^=)ノ
きこりは、とても喜びました。

「そうか、お前は正直な男だな」
神様は感心して、金の携帯と銀の携帯もきこりにくれました。



きこりは思いました。
「あー、よかった。
神様に自分の携帯の中にある知られたくないメールや恥ずかしい写真を見られずに済んだ。」



きこりが自分の古い携帯を、金の携帯や銀の携帯よりも大切にしたのは、
携帯そのものではなく、
携帯に入っている
中味があったからだったのです。


携帯だと、見た目の立派さや価値よりも、
中味を大切にします。


人もそうあるべきですよね。


お互いの見た目の美しさよりも、心を大切にする。

真の美しさは、
外見ではなく、
心の美しさから輝き出るものだから。

年齢を重ねれば見た目は衰えますが、
魂の美しさ、内面から出る輝きは年を経ても衰えません。
その輝きは心の美しい人同士には見ることができます。

外見を飾り付ける前に、自分の理想を整え、清らかな生き方を選ぶことは何よりも大切。



「世界一醜い犬コンテスト」
が、毎年米国で開催されています。
ここには全米各地から、見た目のすごい犬たちが集結します。

この子は、過去に三年連続優勝したサムちゃんです。
Sam-Mugpressdemocrat.com

伝説の三連覇犬だけに迫力があります。
そして、
かわいい。


犬では、
どんな外見でも、
とても愛されます。


それは、飼い主と心が通じ合い、
お互いに心の美しさが理解できるから。

見た目で判断はしない。

マザー・テレサはこう言いました。
「どんな人に会っても
まずその人の中にある美しいものを見るようにしています。
この人の中で一番素晴らしいものはなんだろう、
この人の中で一番美しいところはなんだろう。 
そこから始めます。」

これは人と会った時に、まず内面を見てみましょうということです。
きっと美しい面がみつかるはずです。



携帯やスマホは機種によっていろいろな形があります。
でも大切なのは、中身。
人も同じです。
携帯を見る時に、思い出しましょう。
 

 
今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。 
 
人気ブログランキングへ