花の瞑想


まずは、「瞑想の準備」も必ず読んでみてください。



瞑想は、活力知力を高め、心の美しさと静謐、忍耐力を養う良い方法の一つです。

瞑想法はたくさんあります。

その中で様々なイメージを利用する方法もあります。
イメージを利用することで、
瞑想を楽しむことが出来、
いままで気づかなかった自分の深い内なる知恵を再発見し、
自分自身の本当の強さや優美さ、至福、調和、真の静寂を引き出すきっかけになります。


今日は花の瞑想です。



私たちが花を見ると、
美しいと感じたり、喜びが湧いたり、心豊かになります。


美しいもの見てを幸せと感じるのは、
自分の心の美しい面と共鳴しているからです。


物質世界の背後には、
とても微細なエネルギーが存在します。

その微細なエネルギーは、
瞑想を繰り返すことで知覚できるようになっていきます。

この微細エネルギーは、
あらゆるものに浸透し、
自分の身体と外部環境、そして自分の内面にも密接なかかわりを持っています。

植物の種子の中には、
美しい花が咲く意識とエネルギーがすでに備わっています。
人は光の花の種子のようなものです。
人の中には、光明を放つ創造的エネルギーがすでに内在されています。


植物の花の蕾は、
開花直前の、エネルギーに満ち溢れた、とても美しい状態です。
IMG_5395

今は開花する最適の時期です。
花の瞑想を使って、自分の中に在る花の蕾を開花させてみましょう。



まずは、
美しい花々の開花する様子を動画で見てみましょう。





蓮の花


瞑想の準備が出来たら、始めます。

花の瞑想。

楽な姿勢で背中を真直ぐにして座り、
自分のハートの中に光に包まれた美しい花の蕾をイメージします。


ハートの花の蕾が、
ゆっくりと開花していく様子をイメージします。
花びらが開いていくたびに、
花の中のまばゆい光が放射されていきます。

その光は、身体の隅々まで行き渡り、すべてを浄化していきます。
そして、
身体の外側まで光で包まれていき、
さらに
周囲へと光が放射されていきます。

花は、自分の好きな花を選んでみましょう。

開花するペースは、自分の最も快適なゆっくりとしたペースにしてみます。

充分に開花したら、
花がその美しい波動と香りを周囲に拡げていくように、
その美しい波動と生命力と喜びのイメージを
花から放出される光と共に広げましょう。



IMG_2027


自分のハートから出る光は
どんどん拡がっていき、
地球全体を包むまでに拡げてみます。

瞑想後もハートの光を保ちましょう。

この瞑想は、ポジティブな心を強化します。


今日もありがとうございます。

 


ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ