今日は、カピバラさんが仔犬たちの世話をするお話です。

米国 アーカンソー州のロッキーリッジ動物保護施設に一匹のカピバラがいます。
カピバラの名前は「チーズケーキちゃん」

チーズケーキちゃんも、幼少の頃に保護され、ここで暮らしているのです。

kapi1Youtube/AnimalPlanet

この施設では、たくさんの捨てられた仔犬たちが収容されます。

そして、
カピバラのチーズケーキちゃんは、いつも仔犬たちの世話をしてくれるのです。

いつも保護されてくる仔犬たちを見守り、
一緒に寝て、一緒に食事をします。

kapi2Youtube/AnimalPlanet


仔犬たちも、チーズケーキちゃんが大好きです。

kapi3Youtube/AnimalPlanet

いつでも仔犬たちのお母さんであり、お友達でもあります。

enhanced-buzz-29850-1363874745-7Buzzfeed

チーズケーキちゃんも、
仔犬たちと一緒にいることが、とても楽しいようです。

 enhanced-buzz-29766-1363874820-26Buzzfeed

チーズケーキも小さな頃から、
この保護施設でさまざまな動物たちの世話になって育ったのです。

enhanced-buzz-29718-1363875474-11Buzzfeed


enhanced-buzz-28932-1363874979-9Buzzfeed


動画です。




こちらは、保護された頃のチーズケーキちゃん。
ka@i5Youtube


チーズケーキちゃんは、
保護されてきた動物たちを安心させるオーラを出しているようです。



動物種を超えた交流というのは、たくさんあります。
人はどうでしょうか?


「悟無好嫌」 (さとればこうおなし)という言葉があります。

好き嫌いなど小さなことに囚われることなく、
「あるがままを受け入れる」
ことの大切さがこの言葉に含まれています。



人は、好き嫌いがとても多い動物です。
頭脳が優れている分、偏見も多く見られます。


「ゾウは好きだけど、オオカミは嫌い」とか
「サメは凶暴だ」とか。

自分の体験で確かめていない好き嫌いや、
最初から偏見があったり、
人から言われた批評を鵜呑みにしてしまうと、
自分の世界は、大きく制限されます。

カピバラのチーズケーキちゃんは、
次々と保護されてくる仔犬たちをあるがままに受け入れています。

そこに好き嫌いも、偏見も無く、
すべてを喜んで受け入れている。

だから、仔犬たちの信頼も大きいのでしょう。


私たちも、チーズケーキちゃんのように、
好き嫌いを超えて、
まずは
「あるがままを受け入れてみる」のはいかがでしょうか。


世界観が拡がり、
新しい発見が次々と出てくることと思います。


そうやって、少しずつ心の世界観を拡げていく。
とても大切なことです。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。


人気ブログランキングへ