米国ワシントン州のバション島に住む
ゴールデンのティリーちゃんと
バセットハウンドのフィービーちゃん。

とても仲良しです。

ある日、犬たちは一緒にお散歩に行きました。
ところが、
いつまで経っても家に帰ってこなかったのです。

飼い主は
とても心配し、あちこち探し回りましたが、
二頭とも見つけることが出来ませんでした。

道に迷ったのかもしれない、
事故に遭ったのかもしれない、
とても心配になりました。

バション島には、バション島ペット保護Vashon Island Pet Protectors(VIPP)という動物愛護団体があります。

飼い主は、VIPPに助けを求めました。
彼らは、一緒になって島中を探しましたが、
やはり
見つけることが出来ませんでした。

その頃、はるか遠くの渓谷にある貯水槽の中に、
フィービーが落ちてしまっていたのです。

その貯水槽は、深く、
自力で脱出することは不可能でした。

見つからなければ、餓死してしまいます。

飼い主とVIPPが捜索を開始して一週間。
VIPPに、ある農家から「赤っぽい犬がいる」との通報を受けました。
犬は、
農夫に近づくと、
渓谷へ誘うような素振りをしていたそうです。


それは、たぶんティリーのこと。
VIPPは現場に急行しました。
11150833_916515778434736_147912639155991509_nFacebook/VIPP



VIPPの代表アミーさんが、
ティリーを見つけました。
すると、ティリーはアミーさんにも喜んで近づくことなく、
渓谷の貯水槽へと誘導したのです。

すると、そこに
貯水槽に嵌まり、動けなくなったフィービーがいました。

12011282_918052668281047_4880973609706520140_nFacebook/VIPP

ティリーも一週間飲まず食わずで、
助けを求めるかたわら、
フィービーをずっと見守っていたのです。


12019796_918052521614395_7835284087539644519_nFacebook/VIPP

幸い、雨が多い週だったので
脱水はなく、
健康状態も良好でした。

ティリーは、フィービーを見捨てることなく、
ずっと寄り添っていたのです。
本当の友達は、
何かあった時に、よくわかります。
どんな時にでも、共に思い、行動してくれる、
誠実な心をもつ友達。
それが本当の友達でしょう。


「三人同行 必有一智」
「碧巌録」の中にある言葉です。

「同じ道を行く友人が三人いれば、
その中に必ず師がいる。」
という意味です。


私たちは、
友人の行動や言葉から、
自分が学ぶべきことが、たくさんあります。


自分では気が付かない、別の視点を持っているからです。
善い友を持ち、
それに気がつけば、
お互いに視野が広まり、
人間性が磨かれます。


宝石を宝石で研磨するように、
人は、人によって磨かれます。


今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ