2015年9月28日は、
スーパームーンになりました。


IMG_0854ablog

 私は一日お休みをいただき、
お月さまとお日さまに挨拶しに
山に入りました。

これはその時のご来光です。
3IMG_0890ablog


 さて、
このスーパームーンですが、
アフリカのゾウやサイたちにとっては、とても脅威の日となりました。


地元の新聞に、
こんな記事がありました。
「スーパームーンの月明かりの元で、サイの血が流れる」



supermoondaytimeslive.co.za



南アフリカのHluhluwe-Imfolozi野生動物保護区では、
スーパームーンの夜に
6頭のサイが顔面から角を切り取られていました。


満月の日は、
野生動物たちも月の明かりに照らされて
とても密猟に向いているのです。





満月は、人の心に影響を与えます。

月を含む、
すべての星とその軌道の運行には音楽的な波長があり、
それは
人に対しても心の衝動という形で影響を与えます。
この力を利用しているのが占星術です。

天体の中では、特にすべての人に強く影響を与えるのが、
月です。

月は、感情を増幅する作用もあります。


穏やかで優しい人は、より穏やかでより優しく、
繊細な人や不安定な人は、より不安定に。

心の持ちようで、月の影響は大きく変わるのです。


日本には、「お月見」という風習があります。
穏やかな気持ちで、お月さまを愛でる風習。

お月さまを見ながら、
感謝の気持ちを持って、
さらに
お月様の光を
自分に内在する清らかな光と重ね合わせてみましょう。



人の心は、明るくなったり、暗くなったりと、
月が満月になったり、欠けて見えたり、新月には消えて見えたりと、
月と似ている所もあります。

でも
月の一部が欠けているように見えても、
本当の月はいつでも真ん丸。
何一つかけたところは無い。
それがわかれば、いつでも真ん丸でいられる。
人の心と一緒ですね。


スーパームーンを見て、
アフリカにもお月見の習慣として、
密猟に月の光を利用するのではなく、
月明かりに照らされた野生動物たちを
優しい眼で見て、
すべての存在との一体感を感じられる日が来るといいなと思いました。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ