「遠観山里色」
(とおくさんりのしきをみる)


遠く山の上から、里を見る。

IMG_1603blog

里の中にいる時は、
その狭い世界にどっぷりとハマり、
そこがすべてだという感覚に陥ります。


狭い世界の中では、
苦しいことも、
悲しいことも、
まるでこの世の望みが絶たれたかのように
とても大きく感じることもあるでしょう。



でも、高い山から里を見ると、
なんて小さな領域なのでしょう。

里でおきているすべての事は、
大きな自然の中では、とても小さなこと。




IMG_3160blog


大きな自然の中に身を置いて、
里での出来事を達観してみる。

すると、
ネガティブな考えは消えていき、
ポジティブな思いばかりが浮かぶようになります。
里のいい所や
人の暖かさなど
里の中にだけいると気がつかなかったことが見えてきます。


つらい思いで、心が傷ついたら、
大自然の持つ癒しの力に、
心身をゆだねてみませんか?



私たちと大自然には、魔法の絆が存在します。


霊峰と自分を繋ぐ技法の一つを教えましょう。

霊力の強い山へ行きます。
できるだけ人のいないところがよいでしょう。
早朝がいいと思います。
髪の毛を束ねているのであれば、ほどきましょう。

頂上付近で、一番パワーを感じる岩を感じとります。

その岩に両手をつけて、
心鎮めます。
ゆっくりと、眉間の少し上の部分と岩を接触します。
必ず七回行います。
最初の一回目は第一チャクラを意識します。
二回目は、第二チャクラ。
三回目は、第三チャクラ。
・・・
七回です。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければ応援お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ