フォクシーちゃん。
チンパンジーです。


フォクシーは、
32年間実験用チンパンジーとして繁殖のために使われてきました。


1976年に生まれてからずっと
人の肝炎ワクチン開発の実験のために
一人ぼっちの狭い場所に閉じ込められてきました。


その間ずっと、フォクシーは強制的に繁殖に使われ、
赤ちゃんが生まれると、
毎回数時間から数日のうちに
赤ちゃんを奪われ続けました。


それらの赤ちゃんは、実験用に使われてしまうのです。

そして、時が経ち
フォクシーは子供を産むには歳をとり過ぎました。

すると、
研究所では、
フォクシーを窓のない部屋に閉じ込めて、
飼い殺しにしたのです。


チンパンジーはとても感情豊かな生き物です。

それを
完全に無視。




2008年6月になって
ようやく研究所はチンパンジーを実験に利用することを中止しました。

フォクシーは、
他の6頭のチンパンジーと共に、
チンパンジー保護施設である「チンパンジー・サンクチュアリ・ノースウエスト」に引き取られました。


施設に来た当初のフォクシーは、
とても警戒していました。


いままでかなりひどい仕打ちしか受けてこなかったのでしょう。
特に男性には、かなりの警戒心を示していたのです。

研究所の世話人は、
引き渡しの際に
フォクシーは人には懐かないと話していました。


保護施設では、いろいろな玩具をフォクシーに与えましたが、
全く反応がありませんでした。


でも、
ある人形を入れた時に、
フォクシーはとても強い興味を持ったのです。



それはトロール人形でした。
トロール人形とは、
北欧ノルウェーの伝承に登場する妖精の人形です。

ノルウェイでは、一般的なお土産になっています。
564ce16b1e00002e00264d17 huffingtonpost.com



このトロール人形を持っていると、
願い事が叶うと言われています。


そして、いろいろな色の髪の毛の人形があり、
髪の毛色によって願いの効果があるようです。


フォクシーは、
この人形を大切に扱いました。
時には、自分の子供をあやすように。


564ce16b1600002d0026db46huffingtonpost.com



それまでずっと心を閉ざしていたフォクシーは、
トロール人形をきっかけに、
少しずつ
心を開いていったのです。


564ce16b1600002d0026db45 huffingtonpost.com



フォクシーの受け続けた虐待による心の傷は、
とても深く、
そう簡単に癒えるものではありません。


フォクシーは、現在保護施設で、恵まれた環境にいます。
しかし
心を閉ざしている間は、
その恵まれた環境を享受できることはありません。


でも、
心のよりどころとなるものが見つかったことで、
フォクシーの心の中に光が見え始めました。



この生が、罰ではなく、
素晴らしい贈り物であるということに
少しずつ気づいていくことでしょう。


それが自然なことだから。



これは私たちには、言えることです。

水は上流から下流へ流れ、
花は香りを伴って開花し、
火は物を燃焼させます。


それは当たり前のこと。

それと同じように、
人は、崇高な目的を持って生きることが自然の流れです。



でも、
多くの人は、
その自然な流れを見失い、

そして
忘れてしまっています。



失ってしまったわけではなく、
忘れてしまっただけ。

自分の心を狭い部屋に閉じ込めてしまったことで、
忘れてしまった。


そして、
人は調和を失い、混乱し
フォクシーちゃんにしてしまったような行為を
自らにもしてしまっている。



でも、
いつかは、何かがきっかけとなって
崇高な目的を思い出すことになるでしょう。

フォクシーは、トロール人形がきっかけとなって
心に光を見い出しました。


そして、
自分の周りが、
光に満ちていることを自覚しはじめました。



私たちも、崇高な目的を持って、
心の中の光を見い出せば、
自分自身が光に満ちていることを自覚しはじめるのでしょう。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ