今日は日本と中国の象牙のお話です。

日本と中国が、世界の象牙を消費する二大大国。
つまりたくさんのゾウの殺戮に関わっている国なのです。

IMG_9864



先日中国で象牙の価格が下落している話を書きました。
「 象牙価格の急落」


 
中国では、
習政権が取引禁止に取り組んだことによって、
中国国内での需要は無くなりつつあり、
象牙の価格は下落したのです。

環境保護団体の調査によると、
中国国内で象牙を買いたいと答えた人は、
2013年に7%もいましたが
2015年になると1%にまで減少していたのです。

多くのキャンペーンも行われており、
今後もこの傾向は続くでしょう。

ゾウの殺戮に対する考え方、密猟に対する問題意識も高まっているのです。



さらに中国では、
象牙の合法取引に対しても厳しい監視が始まり、
最近だけでも多数の象牙製品を押収、廃棄しています。

違法を合法と偽る例も多くあるのです。


さらに
英国ウイリアム王子が先頭になって
象をはじめとする野生動物の密猟を防止する 保護組織「United for Wildlife」 へ
中国は代表団を送ることも表明しています。


このように着々と象牙取引の引き締めが始まっており、
中国はあと数年のうちには、
象牙の取引を全面的に禁止するだろう
と言う見方が有力になってきました。


それは、
現存するゾウたちの殺戮の減少につながる大きな第一歩なのです。




その一方で、
日本ではいまだに普通に象牙が売られており、
多くの人はゾウの殺戮を意識することなく、
象牙製品、特に印鑑を購入しています。


1990年に象牙の国際取引が禁止されて以降、
日本だけは、
禁止以前に輸入されたものに関しては、国内で取引できる規則になっています。

それにしても
すごい流通量。


インターネットで象牙の販売やオークションを見ても
日本では大量の象牙が販売されています。

環境保護活動を行っている団体「Environmental Investigation Agency(EIA)」 が、
日本で象牙取引業者に扮して覆面調査を行いました。
そして37の象牙取引業者に接触したのです。

その結果、
ほとんどの日本の業者が
違法な手段を使った取引に合意していることが判明しました。


未登録の象牙を買うことに同意したり、
偽の書類を作成し違法な象牙を合法なものと偽装して登録するよう頼んできたのです。


日本の環境省は、この不正な取引があることをすでに知っています。

残念なことにそれを知りながら、
登録制度の廃止や国内取引の閉鎖などの違法取引への規制強化は考えていないこのです。


登録証などは今のパソコンでも簡単に偽造出来てしまうのです。


これは、
日本がゾウの殺戮に加担していることを容認していると言う
各保護団体からの指摘の通りです。

ナショナル・ジオグラフィックでさえ、
違法な象牙が日本市場で不正登録されていることを指摘し、
象牙の販売も年々増加し、
さらに国外にも輸出されていることを記載しています。


象牙を買う人たちは、
自分が購入した象牙で、ゾウが殺戮されているという事実を正しく認識していないのです。



私たち日本人一人一人が、
象牙製品を買わない、
これ以上ゾウを殺さない

という意志がなければ、
本当にすべてのゾウが近い将来地球上から姿を消すことになるのです。



今日もありがとうございます。
動物たちの現状を多くの人に知っていただくために、
クリックをお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ