先日から当ブログでは
何度かフロリダのクマ虐殺をはじめ
多くの地域でのクマ射殺について御紹介してきました。


今日は、米国ニュージャージーでのクマ大虐殺の経過報告です。
ニュージャージー州では、
このたった6日間だけで、

472頭のクマたちが殺されました。

殺される理由は、
森にクマがいるから

という当たり前の理由です。 

もしかしたら、
里に下りて、ゴミ箱を漁るかもしれない
ということを殺す正当な理由づけにしています。

でも、
いままでクマに人が襲われた事例は
この地域ではほとんどないようです。



2014年のデータでは、
ニュージャージー州での
約2,800件のクマの目撃例の中で、
人が襲われそうになったのは、
なんと
1件だけでした。

それでも
無実のクマの家族を射殺しつづける。


njbear1Facebook

赤ちゃんグマたちも容赦なく
射殺されています。

njbear2Facebook


この写真のように
どうしてクマを殺して、
皆は喜ぶのだろう。

njbear3Facebook

何も悪いこともしていないクマたちを殺して
仔グマまで射殺して、
どうしてこんなに笑顔でいられるのだろう。

njbear4Facebook


残念ながら、
私には理解できません。


このような悲劇は、
ニュージャージーやフロリダだけではなく
日本を含む世界中でおこなわれています。


もちろん畑を荒らすとか、
里に出たときに人に危害を加えるとか、
射殺側の理由もあるでしょう。
けっしてそれを一方的に批判しているわけではありません。

多くの人がこの問題に関心を持って、
よりよい対策
よりよい未来を作っていくべきと言いたいのです。

でも
誰も話題にしない。
誰もが、無関心。



マザー・テレサは、
「愛の反対は、憎しみではなく無関心です」
と言いました。

無実の
平和に森の中で暮らしているクマたちを
次々と虐殺している事実がある。


この事実に対して
誰もが無関心。

無関心なのは、
無視と同然。
クマを殺して当然という立場の人と同じようなもの。


なぜ無関心でいられるのでしょう?




今日もありがとうございます。

動物たちの現状を多くの人に知っていただくために、
クリックをお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ