以前当ブログで頭部を切断されたまま
長生きした鶏マイクの話を書きました。


こんどは、お魚です。
タイで「I-Half」(私は半分)と呼ばれたお魚です。
ゴールデン・ベリー・バーブという鯉に似た種です。


I-Halfは、コンクリートで固められた養殖池にいました。
ある時、
池から飛び出してしまい、
その時に背骨を強打して
それが元で下半身が壊死脱落してしまったのです。


胴体の半分を失ってしまい、泳ぐこともできないまま
I-Halfは市場で売りに出されました。


この時点で生きていること自体、すごい生命力。
奇跡的です。

56894cb4c46188b0168b4614rt.com

ちなみにこちらが、通常の体。
300413golden2palmtreelagoon.co.uk


それを見た魚屋で働くチョーテさんが買い、
水槽に入れて様子を見たのです。


後ろから見ると、大きな穴が開いています。
ialf22Youtube



14508755841450875729lMatichonOnline


I-Halfは、なんと!
6か月間も生きていました。

飼い主となったチョーテさんの魚屋は、
このI-Hlafのおかげで繁盛したそうです。
ihalf34Youtube

I-Hlafちゃんのすごい生命力と
チョーテさんの優しさによって
長生きできたのですね。




本当に必要な時には、
必ず
助けがあります。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ