白いキリン。

タンザニアのタランギレ国立公園で
白いキリンが
発見されました。

giraffe-1_3558773bDEREK LEE/ CATERS NEWS/.telegraph

発見されてから
「オモ:OMO」という名前が付きました。

Omoは、タンザニアで売れている白くする洗剤の名前です。


オモちゃんは
1歳3ヶ月齢の若いキリン。

生後1歳までの最も外敵に狙われやすい期間を
無事に生き延びてきました。

それは、大きなキリンの群れの中にいるからです。

でも、
キリンは食肉用に密猟されてしまうこともあり、
オモちゃんは白いために目立って危険です。

giraffe-m_3558774bDEREK LEE/ CATERS NEWS/.telegraph


オモちゃんが白いのは、
アルビノalbinismではなく、
ロイシズムLeucismという状態の白変種。


アルビノは、メラニン色素を産生する遺伝情報が欠損していて、白くなります。
そのため、瞳孔の色が赤色になります。
 
一方、
白変種は、メラニン産生能力は正常ですが、あえて白くなっているのです。
そのため、瞳孔の色は、通常の動物と同様に黒色です。

白変種はアルビノと混同されることが多いのですが、
遺伝学的にも生理学的にも全く別のもの。

一説には、氷河期を生き延びた時の保護色遺伝子を持っていて、
それが発現したものではないかとも推測されています。

ホッキョクグマやホッキョクギツネは、
白変化を現在も一番活用している種とも言えます。



白変種は、
多くの動物で存在します。

ホワイトライオンやホワイトタイガー、ホワイトバッファローなどが有名です。
多くの白変種動物は、
神聖なものとして扱われてきました。

それは、
まばゆい光のオーラに包まれた神聖な存在たちに
イメージが似ているからでしょう。


私たちも
純白の美しいオーラの輝きを強めるべく
日々を送りたいものです。




IMG_6477blog
写真はお散歩道から。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ