あとたったの38頭。
 
IMG_2966blog



中部アフリカに位置するコンゴ民主共和国。
 
ここは
もともとキリンの生息地でした。

どんどん数が減り、
20年前には、
ついに350頭にまで減りました。

すべてのキリンたちはガランバ国立公園内で保護されてきましたが、
内戦で多くを失い、
次いで密猟が相次ぎました。

その中には、
隣の南スーダンの虐殺から逃れた
食べるものも無い避難民たちもいます。

そして、
現在、
生き延びたキリンは、
あと、
たったの38頭だけ。

このままでは、
近いうちに
確実に
絶えます。



このままでは、
かなり近い将来キリンさんを見るのに
アフリカでもなく
動物園でもなく、

博物館に行かなくてはならなくなります。

このように。
dsssblog




アフリカ全体では、

たったの15年のうちに
キリンの数は40%も激減しているのです。




こういった深刻な状況は
日本では報道されることはありません。


日本の報道では、
芸人さんやスポート選手のスキャンダルを
大げさにとり上げて
知識人たちが一生懸命熱弁をふるう・・。

それも、
問題解決というよりも
個人攻撃・・。

いままでチヤホヤしてきたのに、
ちょっと道を外すと
一斉に叩くのですね。

最近は
人を簡単に裁く風潮が目立ちます。
ネットでは匿名ということもあり、
国民の半分が大岡越前状態。

確かにとんでもなく酷い言動をして
開き直る人たちもいますが、
誰にでも間違いはあります。

間違えない完璧な人などいません。


誰でも過ちは犯すし、
道を外れることがあります。

過ちを犯すことで
何が正しいかを体で学び、

道を外れることで
より正しい道を
より強く確信することができます。


周りの人たちも
過剰に騒ぎ立てて、
人を叩くことが
正しい行為とは思えません。


罪を憎んで人を憎まずは基本だと思います。

自分が大切に思う人が罪を犯した時に
叩けますか?
裁く権利がありますか?
他にすることはないでしょうか?



一つ覚えておいていただきたいことは、
テレビは、
視ている時だけではなく、
後から潜在意識に
ゆっくりと
浸透してしまいます。

これはほとんどの人が気づいていないこと。

だから、視る内容は
いいものだけを選ぶことが大切です。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ