さまざまな理由で
菜食主義になる人がいます。



動物たちが可愛いから。
直感が鈍くなるから。
食肉に含まれる波動が合わないから。
肉を心と体が拒否するから。
肉アレルギーだから。
など。


0939h0012

どんな理由であれ、
肉食を減らすことには
自分にも
動物にも
地球にも
さまざまなメリットがあります。


肉アレルギーは、
島根県や広島県など中国地方の人に多いようです。


これが
実は
ダニが原因の可能性が高いのです。




牛肉や豚肉など赤肉アレルギーに関係する物質に
糖鎖α-1,3-ガラクトース
通称
α-gal(アルファ ガル)という酵素があります。

フタトゲチマダニの唾液腺や消化管の中には、
α-Galが存在しています。

そして、
島根大学で
お肉が食べられない食肉アレルギーがある人を調べた結果、
大部分の人(30人中24人)から
フタトゲチマダニの唾液腺に対する抗体が見つかったのです。



肉を食べると具合の悪くなる
肉アレルギーの人たちは、
ダニに咬まれた時に
α-galを含む糖蛋白が皮膚内に注入されて、
感作されたと考えられます。

一度α-galに感作されてしまうと、
お肉を食べられなくなります。
牛肉や豚肉を食べると、
数時間経った後にアレルギー症状が起こります。

症状は、
お肉を食べた後で
なんとなく気持ちが悪いとか
体調がすぐれない、
蕁麻疹が出る、
胃が重いなどの軽い症状から

稀に
アナフラキシーショックなどの
重症な症状が発現することもあります。


でも、
症状が軽いと
お肉を食べた後で
しばらく経ってから症状が発現するために
お肉のせいで
体調が悪くなったとは誰も考えないので、
肉アレルギーは気がつきにくいアレルギーとなっています。

でも、
そのような人でも
自分はお肉を食べると
なんとなく具合が悪い
お肉が身体に合わないんだと言うことを理解していきます。


島根大学の研究によると、
過去にダニに咬まれたことが
赤肉アレルギーの主要な病因である可能性がある
と推察しています。

また、
肉アレルギー発症には、血液型も影響しています。
B型とAB型の人は、
肉アレルギーになりにくい傾向があります。


また、
牛肉抗原と子持ちカレイの抗原は交差反応を起こすことから、
牛肉を食べられない人は、
子持ちカレイも食べられないことがあります。

現在
温暖化の影響によって
マダニが全国どこにでも見られるようになってきました。

マダニが増えると、
ベジタリアンが増える。


不思議な関係です。


マダニが
実は
動物たち
そして
地球の救世主の一端を担っているのかもしれません。




こちらも
ひかたま「食べると言うこと 豚さん編」
ひかたま「食べるということ 牛さん編 命をいただくこと」
ひかたま「食べるということ ロブスター・エビ編 命の大切さと五観の偈」



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ