ティガーちゃん。
21歳の猫。


12285912Facebook

20歳の時に捨てられた猫が

最後の余生を幸せに過ごすことが出来ました。

アドリーンという女性が
ティガーを家族として向かい入れました。
12742049_44038Facebook

引き取りに行った時のティガーは
やせ衰え
被毛もところどころ毛玉になり
水をたくさん飲んでいました。


動物病院に連れて行ったところ
慢性腎不全であることがわかりました。

そこでしっかりと投薬を開始し、
腎臓病用の特別食を与えたところ、
体重は増加していきました。


それからしばらく経って
ティガーは
いくつもの癌にも侵され始めていることがわかりました。

20歳を超えた慢性腎不全の猫の場合、
手術はリスクが大きすぎます。

そこで
ティガーの残りの余生を
できるだけ自由にする選択をしたのです。


アドリーンは、
ティガーのために「バケットリスト」を作りました。

バケットリストとは、
「死ぬまでにやってみたいことリスト」です。

バケットとは、バケツのこと。
英語圏では
死に向かうというような意味合いがあります。

それは、
「自殺する」を英語では「kick the bucket」ともいうことに由来します。
首を吊る時に最後にバケツを蹴るからです。


ティガーは海辺でくつろいだり
12305602_10104Facebook


クリスマスや
12421479_101042Facebook


お誕生日と。
ティガーとアドリーンのリストを次々とかなえていきました。
12801185_44561492230Facebook

アドリーンによると、
ティガーはまるで21歳ではなく
2歳のように純真だったそうです。
12744593_44098128Facebook

ティガーの日常は
Facebookで見られます。
12933139_459962047534016Facebook

ティガーは
晩年をとても幸せに
とても自由に
暮らしています。

何よりも素敵なことは、
愛してくれる人と
共にいられること。

12508926_42910750061Facebook


ここに多くの人が見習うべき
幸せの本質が見えてきます。

たくさんの贅沢や
たくさんの物に囲まれている幸せとは違い、


愛され
そして
自由に自分を表現できること。


鳥が
自由に大空を飛んで自分を表現できるように
自分を表現していくこと。


これが本当の幸せでしょう。



今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ