今日はサクラの若返りの話です。


まずはこの桜の木をご覧ください。
普通の桜の木と違うのが
わかりますか?



3IMG_6457
 
木の幹に根が絡まっています。

まるで
タコノキみたいです。
IMG_0204




これは桜の木の性質を上手く利用した若返り法の一つです。

桜も歳をとると
樹勢が衰えて行きます。

これを上手く若返らせる方法があったのです。


桜は、
幹の途中から若木が出てきます。
この若木は根を出し、
親木の樹皮から栄養を取っています。


この若木の根に壁土を塗ります。
そこに水分を与えます。

すると若木の根は、
壁土から水分を吸収することを学びます。

このようにして
何年もかけて壁土を下にずらして
若木の根を地面に誘導していきます。



そして最終的に根が地面に根付くと
大地から栄養を吸収できるようになります。


その後
親木の上部が老齢化で枯れてしまっても、
若木が順調に育ち
花を咲かせ続けることが出来るのです。


桜の性質を上手く利用した方法です。
IMG_6455blog


このような技術は、
人が
植物の性質をよく理解して
植物の声に耳をよく傾けることで
はじめて出来ることだと思います。


植物が
とても知性的であることを
多くの人が本当に理解したら
この世界はもっと素晴らしくなることでしょうね。



「植物は人類の姉妹。
耳を傾ければ、
語りかけてくる声を聴くことが出来る。」
アラパホ族




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ