ココナッツオイル。

以前
ココナッツオイルの流行とサルたちの虐待の関係について
書きました。
「ひかたま:ココナッツオイルと猿の虐待」



今日は
ココナッツオイルの認知症への効用です。


ココナッツオイルは、
ココヤシの果実(ココナッツ)から抽出される油脂です。


写真はココナッツの断面。
内部の白い部分が
胚乳です。

ココナッツオイルは
この胚乳から抽出精製されます。
KokosnussWikipedia

ココナッツオイルには大きく分けて二種類あります。

ココナッツオイル
ヴァージンココナッツオイル

ココナッツオイルは、
高温精製され、漂白や脱臭作業が行われています。

ヴァージンココナッツオイルは、
無精製、無添加、非加熱抽出したものです。
添加物は使用されません。
 
そのため
一般的な使用は
ヴァージンココナッツオイルがお勧めです。



このココナッツオイルは
さまざまな病気のケアや
美容のケアに
効果的として使われています。


特に
現在効果的な治療がないアルツハイマー型認知症の改善に役立つことが
数多く報告されるようになってきました。

認知症とは、
認知機能が低下した状態。

さまざまな原因によって
認知症になりますが。

認知症患者の85%は、
アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型の三大認知症で占めています。

アルツハイマー型認知症は、
全認知症の約半数を占めていて
ゆっくりと進行するのが特徴です。

現在、
アルツハイマー型とレビー小体型の進行抑制剤には
アリセプトやイクセロンなどがありますが、
症状の進行抑制が目標の薬であり
病態そのものの進行を抑制する効能はありません。


しかも
アリセプトを例にすると
併用してはいけない薬剤が多いことに加えて
薬品承認時のデータでは、
高度のアルツハイマー型認知症では、約44%の患者さんで副作用が認められ、
レビー小体型認知症では、約48%の患者さんで副作用が報告されています。

もう一つの薬イクセロンでは、
国内臨床試験において78%以上の患者さんで副作用が出ています。
海外では
副作用による死亡例もでています。



そこで現在安全かつ効果を期待しているのは
ココナッツオイルなのです。 



ココナッツオイルは
中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

この中鎖脂肪酸が、
肝臓で分解されると「ケトン体」になります。


脳細胞は、
通常はブドウ糖がエネルギー源となっていますが、

アルツハイマー型認知症では
脳細胞にブドウ糖が運ばれない状態となります。

その結果 
脳細胞が飢餓状態になり、
破壊され、
萎縮してしまいます。

そこで、
ココナッツオイルによって
ブドウ糖の代わりにケトン体を脳細胞のエネルギー源にすることで
脳細胞に栄養を供給し、
脳細胞の飢餓状態を止めることができます。
 

こちらは、
アルツハイマー型認知症の夫に
毎日ココナッツオイルを食べさせた動画です。



劇的な改善
左(ココナッツオイル摂取前)
右(ココナッツオイル摂取後)
時計の絵
coconuts



認知症の高齢者は年々増加しています。
日本で認知症を患う高齢者の数は、
500万人を超えています。

認知症は
年々増加傾向にあります。

身体に負担の少なく
少しでも効果的な治療・予防法であれば
試してみたいものです。



そして、
認知症に関して
もう一つ気になるのは、

サラダ油の無差別な使用。

サラダ油は精製植物油の一種で

菜種、べにばな、ゴマ、落花生、大豆、トウモロコシ、ひまわりの種、綿実、米、ブドウ
などから精製された油です。

 
これらのサラダ油は
精製するために
精油メーカーで油を抽出する方法に
問題があります。

原料を溶かす際に使用される
「ヘキサン」「ヘプタン」などの石油溶剤を利用しているものが多いのです。


長期保存に適さない成分であり、かつ、身体に有用な成分である
ビタミンEやαトコヘノールなどは
各種ミネラルなどと共に
取り除かれてしまいます。


さらに精製過程において
繰り返し高熱処理を行うために
有毒物質であるヒドロキシノネナールなどが生成されてしまいます。

高濃度のヒドロキシノネナールは、
脳細胞に悪影響を及ぼすことが確認されており
認知症やうつ状態に関連している可能性があると言われています。


さらに、
もし油を揚げる調理に使う場合には、
急速に酸化が進行し
油が変質して「トランス脂肪酸」が生成されます。

一回で油を捨てずに
再利用する場合には
さらに酸化が進行してしまいます。

これは身体によくない影響を及ぼします。

基本的に
揚げ物はできるだけ避けた方が良いでしょう。



もちろんサラダ油の中には、
低温圧縮によって作られたものもあります。
それらは
安心して利用できます。

一般のスーパーで買えるものとしては
低温圧縮の
ゴマ油やオリーブ油などがお勧めです。


また、
加熱しないで食べる油
には健康に有益なものが多くあります。
たとえば
亜麻仁油やえごま油など
の低温圧縮で作られたものを利用しましょう。


油の他にも
市販の風邪薬や胃薬、不眠症の薬なども
長期に渡り服用し続けると
認知症を加速する
という研究結果も出ています。




今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ