シュモクザメ。


このサメは、
頭部が左右に張り出す特徴的な形をしていて
左右に張り出した先端に
目と鼻孔があります。

RH-hammerheadNOAA


サメには、ロレンチーニ器官という
微弱な電気を感知する器官がありますが、
シュモクザメのこの器官は
特に精密に出来ています。


一見狂暴そうにも見えるようですが、
このサメが人を襲った事例は
ほとんどないようです。


このサメは
処女受胎することでも知られています。

米国の水族館でメスだけで飼育されたサメが
子供を出産。

DNA鑑定で
100%母サメ由来であることが確認されています。




今回、
コスタリカの新政府は、
このサメを大量に捕獲して
ヒレを切り取り
香港に販売する契約を結んでしまいました。



このサメは
生態系にもとても重要な役割を果たしていると言われ、

お金のために
大量殺戮することは許されません。


ここで署名が出来ます。
目標の12万人まであと少し。


Care2 petitions
sharkCare2 petitions



こちらは
コリタリカの海を自由に泳ぐシュモクザメたち。

動画の後半に出てきます。

豊かなコスタリカの生態系の象徴です。


目先のお金だけのために
生態系を破壊し、
そのツケを
未来の世代の負担にすることだけは
阻止しなければなりません。



こちらもぜひ
「ひかたま;拡がるフカヒレ禁止」


今日もありがとうございます。

動物たちの現状を多くの人に知っていただくために、
クリックをお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ