この時期山の川の近くには、
たくさんのクサソテツが芽をだしています。

5IMGP3205blog

クサソテツは、シダ植物の仲間。

イメージでは暗い森に生えていそうですが、
日光を好みます。


山に行く人には
山の野菜「こごみ」として人気です。

ワラビやゼンマイと違い
アクが少ないので
そのまま生で食べられます。
(ただし少量だけにしましょう)

基本的に新芽には、
食べられないための防御的な物質が含まれている可能性もあります。



通常は、少し塩を入れたお湯で
1~2分ほど茹でます。

茹でたらすぐに
氷水につけます。



新芽が出てくるときに
くるくるっと
綺麗にまかれています。

5IMGP3211blog


冬に地上の葉は枯れてしまいますが
地下の株は越冬して
春になるとこのような可愛い新芽がでてきます。

よく見るとこの株も
新芽が切り取られた形跡があります。

5IMGP3211a


新芽は次々と出てきますが、
毎回
すべての新芽を切り取ってしまうと
死んでしまうので、
必ず
いくつかの新芽はとらないで残します。

5IMGP3208blog

 



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ