インドネシアのジャワ島で
コビレゴンドウクジラ30頭が浅瀬に漂着。

_large.thejakartapost.com

最初に浅瀬を泳いでいたのは1~2頭でしたが、
群れのクジラたちが近づいて沖に戻そうとしている最中に
潮が引き、
全頭が立ち往生してしまったようです。

立往生してしまった個体の多くは若い個体でした。

jawa1Youtube

ただちに大規模な救出活動が行われました。
 13432227_1208070522590Facebook


地元漁師や地元民、動物保護団体、政府の職員ら数百人が
夜を徹してクジラを沖に帰そうと試みました。
13435518_12080705Facebook


発見時にすでに多くは衰弱しており
亡くなっている個体も見られました。
jawa33Youtube

地元の動物保護団体の発表では、
10頭が亡くなりました。
3555C37500000578-0-image-a-35_1466058962618.flynewsonline.com


20頭は無事に海の沖まで戻ることが出来ました。
方向感覚を失っていた1頭も
再び浅瀬に戻らないよう救助者らが沖まで付き添いました。

13450974_12080Facebook

地元の子供たちも救助活動に参加しています。
3555CC0E00000578-0-image-a-37_1466058970570.flynewsonline.com



そんな救出活動の中で印象に残ったのは、
一人の男の子。

クジラに触れるのが嬉しいのか
衰弱しているクジラにしっかりと寄り添っています。
980x.flynewsonline.com

子供たちが
このような救助に関わるのはとてもいいこと。

動物たちに優しい心が育まれるのではないでしょうか。




普段、この地域にはあまりこのクジラは見られないそうです。
 
獣医師や科学者が、原因を調べるために
亡くなったクジラの検視を行っています。

原因をできるだけ追究することで
今後のクジラの漂着を未然に防いだり
救助に役立つ可能性があるからです。


東京都議会のように
知事を辞任させたら
すべてをうやむやにするという
議員さんたちとは
違うようです。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ