貝は、長生きする動物です。

普段スーパーに売られている貝が
500歳だなんて
誰も思わないでしょう。
ひかたま:507歳の貝



さて、
貝にもがんがあります。


昨年
北米の海に生息するオオノガイに
伝染性のがんが発見されました。

その伝染性のがんは
他の貝にもあるのかどうかは
昨年の時点では
不明とされてきました。




今回新しい論文で、
米国とカナダの北東沿岸沖において
オオノガイ以外の
二枚貝に伝染するがんがある
ことが発見されました。

2-studyfindscophys.org

通常のがんは、
体内の細胞が変異して発生し、
体の正常細胞とは独立して増殖していきます。

伝染性のがんは、
今まで二種類が見つかっていました。

タスマニアデビルの伝染性顔面腫瘍

犬の可移植性性器肉腫性です。

さらにこの他に
世界で一例だけ特殊ながんの伝播も報告されています。

コロンビア人男性に、
小型条虫から伝播したがん細胞に起因するがん性腫瘍が発生した症例が
「New England Journal of Medicine」に報告されています。

米国疾病管理予防センター(CDC)の調査によると
患者さんは、
41歳のHIV感染者の男性。
疲労感、体重低下、発熱などを訴えて来院し、
検査で肺、肝臓、副腎に腫瘍が見つかりました。

がんの細胞生検の結果、
腫瘍細胞は、
がんに似ているものの細胞の大きさは極めて小さく、
通常の10分の1以下という特殊なものでした。

ヒトの細胞には通常見ることのない細胞の融合も確認されています。
そして、
患者さんの腫瘍細胞内に小型条虫のDNAが発見されたのです。




二枚貝では、
海水を介して、がんが伝染します。


このがんがどれくらい拡がっているのか
がんが出現してどれくらい経つのか
他の生物にもがんが転移するのか
海洋汚染が関連している可能性
など
まだまだ未知の部分が多くあります。





二枚貝のがんは伝染しますが

私たちが人間が心がけたいのは
心の波動の伝染ですね。



人は誰でも
良いものを見れば
心に良い影響が伝染し、

悪いものを見れば
心にも悪い影響が伝染します。


であれば、
世界に良いもの、素晴らしいもの、嬉しくなるようなもの
を伝染させていきたいですね。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ