昨年の
あまりに残酷なフロリダの無差別の熊射殺。


詳しくは
「ひかたま: フロリダでクマの大量虐殺開始」
「ひかたま:残された仔グマたち:フロリダのクマ大虐殺続報」 



昨年
猟解禁初日から、
いきなり207頭ものクマたちが
無差別に虐殺されてしまいました。

 

殺されるクマたちは、
人になんら危害を加えていない
山に暮らす平和なクマさんたちです。



殺害されたクマたちの中には、
赤ちゃんグマを授乳中のお母さんたちが
38頭もいました。

 
フロリダ州では、
昨年
クマの大量殺戮のために。

生息数を上回る数の狩猟許可証が発行されました。


しかし、
フロリダ政府は
昨年の熊狩りを実施するにあたって
生息調査を全く実施していなかったことが発覚したのです。



生息数を把握していないまま
熊の大量虐殺を実施。

しかも
熊の子育てシーズンに実施したために
母熊を殺された赤ちゃん熊は
悲惨な死に方をするか
殺されるかの選択になってしまいました。

赤ちゃん熊は一頭では
生きていけないのです。


これには多くの批判が集まりました。
加えて
世界中からの署名も集まりました。



そして
今年は、
熊狩りを中止が決定!



bearhuntFacebook

13466538_175093Facebook


この熊狩り反対の看板も
今年は必要なくなりました。


熊狩り中止のために
多くの人が動いてくれました。





日本では
このような時にほとんどの人は無視します。

無視は、見殺しと同じこと。

動物愛護で活動しているある著名な方とお話をしていた時にも
「動物を守るというテーマは、誰も関心を持ってくれない。」
と言っていたのが印象的でした。


先日山でクマさんが
木の皮を剥いだところを見ました。

私はこの山が活きていることに喜びを感じましたが
多くの人は、
クマが山に存在するというだけで
許せない人がいるということも知りました。

IMGP5962



現代人は
自然や動物たちとの間に
大きな壁を作ってしまいました。


それはベルリンの壁よりも
はるかに大きな壁。


berlinwall1900s.about.com


その壁は
私たち自身のためにも、
動物たちのためにも
壊さなければなりません。


誰にでも
できることはあるのです。
stopthehuntstopflbearhunt.com



こちらも
「ひかたま:生贄中止!世界最大の生贄ネパールのガディマイ祭」


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ