ピッパちゃん。

オーストラリアのブリスベン在住のわんこです。
メスのゴールデンリトリバー。

ピッパは、
毎日郵便局員がお手紙を持ってくるのを
いまかいまかと待ち望んでいます。



毎日がクリスマスプレゼントを受け取るかのような至福の時です。


ここまで喜んでくれると
郵便局員さんも
ピッパのことが可愛く思います。

郵便局員さんが近づくと
大喜びで飛び出てくるピッパ。




でも、

たまには郵便が無い日もあるのです。

郵便を期待してワクワクするピッパに、
何も渡せない日もあります。

そこで、
郵便局員のマーティン・スチュデーさんは、
そんな郵便物が無い時に
不在表を使ってピッパ宛てのお手紙を作ったのです。


マーティンさんは
「ピッパへの手紙♡」と書きました。

57bddf211600002900bfe2a5 Facebook


受け取ったピッパの嬉しそうな顔。


犬が大好きなマーティンさんは、
他にも郵便局員を歓迎してくれる犬たちを撮影しています。


martin1Facebook


その中でも
ピッパは特別です。

手紙を受け取る時に
ピッパの目がキラキラです。


martin2Facebook


昔のイメージでは
郵便局員と犬との関係は、
こんな感じ。
NWSND00Zdogvacay.com

英国には、
郵便配達員は犬と目を合わせてはいけないという法律まであるそうです。
これは、
ある日郵便局員が配達中にヨークシャテリアに咬まれてしまい、
身を守るためにとっさに蹴り上げたところ、犬が死んでしまったことから
法律となったそうです。

英国では、
郵便配達中に犬にかまれる事故が
年間5,000件ほど発生しているとのこと。

それでも
世界一郵便局員が咬まれない国はイギリスという話もあるのですが・・。

そこで郵便局員は
こんな道具を持っています。
articleMailOnline

これなら指を咬まれません。
 article-2038644-0DF3MailOnline



オーストラリアのピッパのように
世界中に郵便局員さんを楽しみにしているわんこはいるようです。

こちらは
ニュージーランド。

postman2

この郵便局員さんは
郵便物がない日でも、わんこの元にやってきて、
撫でながら挨拶をしてから
去っていきます。


わんこも郵便局員さんがくるのを
毎日わくわく心待ちにしているようです。

 



 毎日わくわくするって素敵なことです。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ